得意なことってなんだろう? 得意がないを卒業した人の体験談

おすすめの体験談

得意なことを見つける3つの方法

「得意なこと」とは「自分が自然とできること」です。

例えば、以下のようなもの。

  • 全体像を描くことができる
  • 質を高めることができる
  • 問題を解決することができる
  • etc…(その他の100の例はこちら

ですが、「得意なこと」は普通に生きているとなかなか気づくことができません。

なぜなら「自然とできること」なので、「自然にできすぎて、これが得意なことだ」と気づくのが難しいから。

得意なことに気づいた方は口を揃えて「今まで当たり前にやっていたこれが得意なことなんですね」と言います。

なので、ここでは意識的に得意なことを見つけるための方法を3つ紹介していきます。

「得意なこと」を見つければ、「どんなことが起きても、自分の得意なことを使えばなんとかなる」という自信を持つことができるので、ぜひ取り組んでみてください。

①「得意なこと」を見つけるための質問に答える

「得意なこと」を見つけるために、有効なのが「得意なこと」を見つけるために厳選された質問に答えること。

闇雲に「自分を知るための質問」に答えても、バラバラな答えが出てしまって迷いが加速することがあります。

そうではなく、「得意なこと」がピンポイントで見つかる質問に回答するのがおすすめ。

解説動画と、実際に記入できるシートがセットになった30の質問リストを配布しているのでぜひ利用してみてください。

【解説動画付き】「得意なこと(才能)」が見つかる30の質問リスト

【解説動画付き】「得意なこと(才能)」が見つかる30の質問リスト

②100のリストから、自分の「得意なこと」を見つける

  • 「質問に答えても、なかなか得意なことに気づけない」
  • 「そもそも得意なことってどんな種類があるの?」

と思う方もいると思います。

そんな方には「得意なことの100のリスト」から、「これが自分の得意なことかも」と選ぶ方法もおすすめです。

このリストを使えば、「自分が短所と感じていること」からも、その裏にある「長所」を見つけることができます。

以下で配布しているので、ぜひ活用してみてください。

【解説動画付き】「得意なこと(才能)」100の具体例リスト

【解説動画付き】「得意なこと(才能)」100の具体例リスト

③他人からのフィードバックを受ける

実は「得意なこと」を見つけるために最も有効なのは、「周囲の人の声を聞く」という行動です。

なぜなら、「得意なこと」とは「自分が自然とできること」なので、自分で気づくのは難しいから。実際に、以下の研究でも証明されています。

心理学者のジョシュア・ジャクソンは、600人の男女を調べて「性格を判断するには、本人の自己申告よりも友人にたずねた性格判断の方が格段に正しかった」という研究を発表しています。
出典:https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0956797614561800

なので、もし「自分で考えてみたけれど得意なことがわからない」場合には、周りの人から客観的な意見を聞くこともおすすめです。

私たちも「無料カウンセリング」や「ジコリカイプログラム」でサポートしているので、気軽に利用してください。

無料カウンセリングの詳細を見る

そのほかの気づきを知る

そろそろやりたいこと探しから
解放されませんか?

よくある質問

以下の2つが基準です。

  1. プログラムで定められている、10STEPそれぞれの合格基準を達成すること
  2. お客様自身が導き出された「やりたいこと」に納得感を持っていること

ありません。いかなる理由でも返金させていただきます。
受講開始から30日以内に担当コーチにお申し出ください。

いいえ。
プログラムが必要だと判断された場合のみ、受講いただくようお願いしております。
担当者からの無理な勧誘は一切行っておりません。