言語化することで、具体的なアウトプットとアクションにつながった

H 様 女性

職種:理学療法士

勤務形態:

仕事にやりがいはあったけど、苦しさも感じていた

仕事にやりがいはあったけど、苦しさも感じていた
片田

まず最初に、今どんなお仕事をされているか教えていただけますか?

Hさん

私は現在、理学療法士として病院で働いています。

片田

Hさんは理学療法士として働きながら受講されたわけですが、受講前にはどういう悩みがあったんですか?

Hさん

理学療法士として仕事にやりがいを感じてはいたんですが、将来への漠然としたモヤモヤとか不安がありました。

周りに好きな分野で活躍してる方もいて、自分と比較して落ち込んじゃったりという部分もあったんです。

 

そういう中で働いていくことがちょっと苦しいなと思うことがあって、それをどうにか変えたいなっていう状況でした。

片田

確かに、プログラムを受け始めた頃のHさんは追われてる感とか「やらなきゃ」みたいな感じが強かったですよね。

 

論理的なプログラム内容や充実したサポート体制に魅力を感じた

論理的なプログラム内容や充実したサポート体制に魅力を感じた
片田

自己分析・自己理解といってもいろいろな講座があると思うんです。

その中でこの自己理解プログラム選んでくださった理由を教えていただけますか?

Hさん

事前の説明会で「好きなこと」「大事なこと」「得意なこと」を掛け合わせて「やりたいこと」になるという話があったんです。

それが自分の中で納得感が得られたっていうのが一番の理由でした。

 

あとは、コーチのサポートのもとで一緒にやってもらえるプログラムになっているという説明もありました。

それだったらやり切れるんじゃないかなって思ったので受講を決めたんです。

片田

事前の説明会が結構大きかったんですね。

論理的なメソッドや客観的な視点も取り入れながらやり切れる環境が整ってるという部分が決め手になったんですか?

Hさん

そうですね、それが大きかったです。

片田

ありがとうございます。

特にそこはこの自己理解プログラムの推しポイント、独自の特色だと思っています。

 

言語化できるようになったおかげで思考から行動へのサイクルが加速した

言語化できるようになったおかげで思考から行動へのサイクルが加速した
片田

実際プログラムを終えてみて、Hさんに中にどんな変化がありましたか?

Hさん

「好きなこと」「得意なこと」「大事なこと」が明確になったということが一番大きな変化だと思います。

その結果、日常生活や仕事で選択を迫られた時でも自分の中に軸を持って客観的に判断できるようになりました。

片田

僕の中でも、Hさんはプログラムを通して自分で考えて走り続ける力が身についていったと感じています。

Hさん

今までは「何で悩んでるんだろう」「どうやったら変われるのかな」と頭で考えても言語化できなかったんです。

プログラムの中で言語化できるようになったっていうのが自分の中では大きなポイントかなと思っています。

 

おかげで悩んだり壁にぶつかったりした時に、人に相談するなどの具体的な行動に移せるようになりました。

片田

元々考える能力があった上に何をベースに考えればいいかが加わって、言語化能力がどんどん伸びていきましたよね。

ただ悩んで落ち込んでしまうっていうところから、悩んで考えて行動するっていうふうに変わっていったんですか?

Hさん

考えて行動するサイクルがより早くできるようになったことで、前進する感覚が得られやすくなりました。

 

たくさんのサポートによってプログラムを完走できた

たくさんのサポートによってプログラムを完走できた
片田

言語化がうまくできるようになった要因として、具体的にプログラムで良かった点があれば教えていただけますか?

Hさん

質問形式でプログラムを進めるんですけど、頭の中で考えたことを実際に言葉にしたことが大きかったんです。

それを実際に片田さんにお話ししたり、ワーク会で他の方ともお話しする機会が得られたことも良かったです。

 

思考をアウトプットすることを習慣化できるようになったことで、言語化するスキルが上がったのかなと思います。

片田

確かに、カジュアルにアウトプットする機会がプログラムの中にたくさんありますよね。

相手に向き合うスタンスがある方ばかりのコミュニティなので、かなり気軽に相談できる部分があると思います。

Hさん

最初はすごく緊張して「大丈夫かな?」と思っていたんです(笑)。

片田

イベントって、最初はやっぱり緊張しますよね。

そこは変わっていきましたか?

Hさん

はい、だんだんと「大丈夫だ」って思えるようになりました。

 

自分自身、受講中にもやっぱり漠然と不安はあったんです。

でも先輩の参加者さんや片田さんとお喋りする中で「自分もちゃんとやり切ることができそうだ」って思えました。

片田

プログラムが進んでいる先輩からのアドバイスってめちゃくちゃ心強いですよね。

Hさん

そうですね。ありがたかったです。

1人ではなかなかやり切れなかったんじゃないかなと思います。

片田

「1人ではやり切れない」っていうのは僕も大事なポイントだと思います。

 

僕は純粋に話しているのが楽しかったんですけど、具体的なアクションを迷わないように常に意識していました。

そこを喜んでいただけたのは嬉しいです!

 

1人で漠然とした悩みを抱えている人にぜひ受けてほしいプログラム

1人で漠然とした悩みを抱えている人にぜひ受けてほしいプログラム
片田

Hさんから見て、このプログラムは今後どんな方におすすめできますか?

Hさん

現状を変えたいけど具体的にどうしたらいいんだろうってモヤモヤしている方におすすめします。

やっぱり1人だとやりきれない部分が絶対にあると思うので、1人で悩んでる方にもぜひ受けていただきたいです。

片田

漠然としたモヤモヤを抱えていて、何かやりたいけどやれないって1人で悩んでる人におすすめなんですね。

Hさん

あと、学生の時に受講できたらより視野も広がったのかなと思いました。

片田

僕も、学生あるいは社会人1年目~3年目ぐらいの時に視野を広げるっていう意味で受けるのはいいなと思います。

 

やりたいことを自信を持って言えるようになった

やりたいことを自信を持って言えるようになった
片田

では最後に、Hさんは今後どんなやりたいことを実現されていくのかぜひ教えてください。

Hさん

私のやりたいことはリハビリテーション医療や予防活動です。

それを通してみんなのできることを広げて、いろんなことに挑戦できる人が増えたらいいなって思っています。

 

そこに向けて自分ができることは何かを探しながら、自分も前進していきたいなと思います。

片田

いいですね!

Hさんはプログラムの前後でやりたいことは大きく変わってはいませんが、納得感がガラッと変わりましたよね。

Hさん

そうですね。今みたいに自信を持って言えるようになったのがすごく大きな変化だと思います。

片田

その証拠に、受講後も自己実現の積極性や知識の吸収量がすごくて僕も嬉しいですし勉強にもなってます(笑)。

これからもぜひ自己実現に向けて一緒に走り続けていきましょう!

Hさん

はい、ありがとうございます!

担当コーチ

毎日に生きやすさを。

片田なるとし

強み:欠点が気になる人のサポート

その他の卒業生の声