自分がどう生きたいのかを徹底的に突き詰めて、明確なビジョンが手に入った

竹嶋翔 様20代 男性

職種:営業

勤務形態:会社員

やりたいことに確信が持てずモヤモヤしていた。

やりたいことに確信が持てずモヤモヤしていた。
八木

まず、見ている方に向けて今どんな仕事されてるか自己紹介をお願いしてもいいでしょうか?

竹嶋さん

しーたと申します。人材派遣会社で営業職をしています。

社会人4年目で、今年で26歳になります。

八木

自己理解プログラムを受講する前ってどういう悩みがあったのですか?

竹嶋さん

やりたいことの方向性というか、何となく「これかな」というのは見えてる状態だったんです。

だけど具体的にどうしたらいいか、実際にそれを本当にしたいのか確信をつかめてない状態でモヤモヤしてました。

八木

漠然と「こっちだろうな」というものはあったんですね。

 

好奇心に従うだけでは自分のことを知ることはできなかった。

好奇心に従うだけでは自分のことを知ることはできなかった。
八木

その悩みを解決するために、プログラムに参加される前に何かやってたことってありましたか?

竹嶋さん

土日を使ってセミナーに参加したり、本を読んだりしていました。

ストレングスファインダーを使って自分の得意なことを探したり、それを生かそうという勉強もしていました。

八木

色々勉強されていたのに方向性が決まらなかったのは、何か足りてなかったからなんですか?

竹嶋さん

自分のことを知るというのが薄かったなと思いますね。

ぱっと見た時に面白そうって思ったら学ぶっていう形で、本当に好奇心だけで学びにいってたんです。

 

プログラムを終えた今はビジョンがはっきりしたので、ビジョンのためにこれを学んでるっていう感じがあります。

自分で学びの選択ができるようになったので、質も上がって前進していることを実感しています。

八木

好奇心に従って学んでいるのと、ビジョンから逆算して学んでるのってかなり違いますよね。

好奇心に従って学ぶのも楽しいと思うんですけど、その当時と今の感覚ってどう違うんですか?

竹嶋さん

学ぶことはもともとすごくワクワクするし楽しかったんです。

 

今はキャリアとか教育などを中心に、自分のビジョンのために学んでいます。

セミナーに参加してる方も同じ興味をお持ちの方が多く、自分がどんどんブラッシュアップされてる感じがするんです。

八木

ストレングスファインダーでいうと活発性でいろんな方向に向かっていたのが、1つの方向に向かうようになったんですね。

 

体系立てられた内容でやりたいことを論理的に見つけられると思った。

体系立てられた内容でやりたいことを論理的に見つけられると思った。
八木

自分を知るという観点でこの講座を選んでいただいたと思うんですが、その決め手や理由は何かありましたか?

竹嶋さん

もともとTwitterで見かけて、事前の講座を試しで受けてみたのがきっかけなんですね。

その時に価値観・得意なこと・好きなことの図を見せてもらって、体系立てて論理的に進めていけると思ったんです。

 

他のプログラムも見たことあるんですけど、これだったら自分と3ヶ月向き合ってやり続けていけそうと感じました。

しっかりとやりたいことを見つけられそうだと確信を持てたので参加したんです。

八木

メソッドに納得感を持っていただけたんですね。

 

自分自身をとことんまで掘り下げることができるプログラム。

自分自身をとことんまで掘り下げることができるプログラム。
八木

実際にプログラムを終えてみて、どんな変化がありましたか?

竹嶋さん

ビジョンが明確になったので日々やってることが繋がってる感覚になって、前進している実感があります。

3ヶ月間終えてみて、やりたいことは「これしかない」ってかっちり固まった状態になったんですね。

 

これから先は覚悟を決めてやるだけっていう状態にできたので、3ヶ月間やった甲斐があったなと思ってます。

八木

フワフワしてるものがカチッと定まるっていう変化を欲しがってる人は多いと思うんですが、何が良かったんですか?

竹嶋さん

たくさんの質問に自問自答して進めていくことで、自分のことをとことんまで深く突き詰めることができました。

だからこそ、最後に価値観や得意なこと好きなことを固めた時の納得感が違うと思うんですよね。

 

あとは八木さんにコンサルしていただいて初めて「あ、そうだよな」って気づくこともたくさんあったんです。

そういう深い場所での気づきも自分1人ではできなかったと思います。

 

なぜそれが「やりたいこと」なのか自信を持って答えられるようになった。

なぜそれが「やりたいこと」なのか自信を持って答えられるようになった。
八木

キャリアに関わるお仕事をされているということなので、自己分析はある程度されてたのかなと思うんですね。

そこでの自己分析とこのプログラムの違いって何かあったりしましたか?

竹嶋さん

突き詰め方の深さが違ったと思います。

 

これまでの自己分析だと、いきなり手段から入ってる感じがしていたんです。

やりたいことは何となくあるけど、その理由を聞かれても答えることができなかったんですね。

 

今回、土台の部分から固めていけたので「こうだから!」って自信を持って答えることができるようになりました。

八木

確かに手段から入っちゃうことってよくありそうですよね。

「これかも!」って思ったものに飛びついても何か違う、でも何が違うか分からないってありがちだと思います。

転職前の自己理解はおすすめ

このプログラムで転職前に自分のことを突き詰めましょう。
八木

このプログラムは手段ではなく「自分はどうしたいのか?」っていうところから徹底的に深掘る内容になっています。

しーたさんから見てこのプログラム、どんな方におすすめできますか?

竹嶋さん

働き方や人生にモヤモヤしてる方には絶対おすすめかなと思ってます。

転職に関わる仕事をしているので思うんですが、やりたいことよりも条件を見て転職して失敗する人が多いんです。

 

だから転職を考えてる方にもおすすめですし、これから社会に出る学生さんにも皆さん受けてほしいなって思います。

八木

ちょっと気になったのが、転職される方って皆さん条件で考えられるんですか?

竹嶋さん

そうですね。いろんな人がいますけど、本当に条件で決める人もいます。

年収いくらがいいとか、時間がこうだとか、それはそれでいいと思うんです。

 

でもワクワクしながら働きたいんだったら、きちんと自分のことを突き詰めてから転職した方がいいと思いますね。

八木

それは真逆のアプローチかもしれないですね。

このプログラムでは条件から考えるよりも実現したい生き方から考えるということをやっていますから。

 

新しい学びのフェーズの始まりにワクワクしています。

新しい学びのフェーズの始まりにワクワクしています。
八木

最後に、しーたさんが今後どんなやりたいことをやっていかれるのか教えていただいてもいいでしょうか?

竹嶋さん

人の可能性や才能に着目してキャリアに悩んでいる方に気づきを作っていける、そういう存在でありたいと思ってます。

今の仕事に取り入れていくのはもちろんですが、自分自身も学び続けてキャリアに悩んでる人に光を与えたいです。

八木

3つの軸で徹底的に深堀りした上で学習意欲と活発性を使っていくのは強みになっていくと思います。

 

プログラムをやっている間は学習意欲や活発性を「今はまだその段階じゃない」って抑えてた部分もありましたよね。

しーたさん的にはソワソワする部分もあったかもしれないですね。

竹嶋さん

そうですね。3ヶ月間は「これ面白そう!」って飛びつきそうなのを「アカンアカン」って止めてましたね。

だから今はまた新しいこと学びにいけるっていうことで楽しいです。

八木

いいですね!

ここからは具体的な手段に取り組まれていく段階ですよね。

 

3つの軸をもとにビジョンに近づくための学習と行動を繰り返せば、すごいエネルギーで進んで行けると思います。

これからも応援してます!

竹嶋さん

ありがとうございます!

 

担当コーチ

人生にコンパスを!

八木仁平

強み:起業家のサポート

その他の卒業生の声