自分を知ることでセルフプロデュースができるようになり、新たな仕事にも繋がった

明関美樹 様 女性

職種:その他

勤務形態: 

これまで積み重ねてきたスキルに対する疑問を抱いていた

これまで積み重ねてきたスキルに対する疑問を抱いていた
石田

早速ですが、自己紹介をお願いします。

明関さん

明関美樹と言います。

職業はミュージカル俳優、振付などをしております。

石田

自己理解プログラムを受講する前は、どんな悩みがあったのでしょうか?

明関さん

大学を卒業してからずっとミュージカル一筋で、表現者としてやれることを積み重ねてきました。

でも「結局何のためだったのかな」っていう行き詰まり感がここ数年あったんです。

石田

それはお仕事そのものに対する行き詰まり感だったんですか?

明関さん

仕事自体は忙しくて充実感はあったんですが、反面「このままでいいのかな」とも思い始めていました。

もう少し自分の枠を広げて、幅広く今後の人生を決めたいなと感じていたんです。

 

闇雲に取り組んでも結果が伴わなかった

闇雲に取り組んでも結果が伴わなかった
石田

その悩みを解決するために、何か取り組んでいたことはありますか?

明関さん

俳優っていう職業柄、人の心を理解することに興味は持っていました。

それで、心理学に関連する本を趣味のように読んでいましたね(笑)。

 

3~4年前からは「どうやって仕事の幅を広げようか」と起業塾に通ってみたりもしていました。

石田

それで悩みは解決できなかったんですか?

明関さん

「これは良い」と思ってガッとやるんですが、「結果出ないな」「今度これやってみよう」っていう繰り返しでした。

石田

そうなった理由って、今考えるとどんなことが思い当たりますか?

明関さん

結局、自分にその方法が合っているのかを考えていなかったんだなって思います。

 

1つ1つに集中して取り組むプログラム内容が自分に合っていると感じた

1つ1つに集中して取り組むプログラム内容が自分に合っていると感じた
石田

そういう取り組みの中で、どうやってこの自己理解プログラムに出会ったんですか?

明関さん

中田敦彦さんの「YouTube大学」で八木さんの本を紹介されていて、「これだ!」と思って買ったんです。

それでワークもすぐやってみたんですが、自分ではよく分からない部分もありました。

 

もっと深く知りたいなと思っていたら、自己理解プログラムがあることを知って受講しようと思ったんです。

石田

自己理解プログラムに参加する決め手になったものを、具体的に教えていただけますか?

明関さん

これまで持てなかった、自分を見つめる時間を期間限定で持てるプログラムであったことですね。

私は結構集中するタイプなので、1つ1つ集中できるプログラムが自分に向いているなと感じたんです。

石田

確かにワークシートを拝見すると、めちゃめちゃ集中していることが伝わってきました(笑)。

 

自分がどこに向かうべきかが明確になった

自分がどこに向かうべきかが明確になった
石田

プログラムを終えてみて、明関さん自身の内面にどんな変化がありましたか?

明関さん

一言で言うと、安定しました。

 

私って、あまり人から悩んでいるように思われないタイプなんです(笑)。

でも本当は、自分の将来や仕事の細かいことも「これでいいのかな、あれでいいのかな」と考えていたんです。

 

それが「これで良いんだ」と思えるようになって、安定しました。

石田

心の安定ということですか?

明関さん

心の安定もそうですし、行動に結び付くことが早くなりました。

 

「ここに進むんだ」って自分自身が分かっているので、「これをやりたいな」と思った時に悩まなくなりましたね。

「だったらやりましょう!」っていう感じで、アクションが早くなりました。

 

我慢強くリードしてもらえるコーチの存在が心強かった

我慢強くリードしてもらえるコーチの存在が心強かった
石田

その変化をもたらしたのは、プログラムのどの部分だったんでしょうか?

明関さん

面白かったのは、勝ちパターンのところですね。

「自分ってこういうところが得意だったんだ」っていうことに気付けました。

 

「だったら自分にこういう設定をしてそれを活かしてあげよう」って、客観的になれたことが一番大きかったですね。

石田

「自分を活かしてあげよう」と思えるようになったんですね。

明関さん

「こういう風に設定してあげるとやりやすいよね。悩みが減るよね」って考えられるようになりましたね。

自己理解プログラムを終えたことで、二人三脚しているような感覚があります。

石田

主観的な自分と客観的な自分の二人三脚っていうことですか?

明関さん

そうですね。

石田

担当コーチについて、良かった点があればぜひ教えてください。

明関さん

まず「どういうアドバイスのタイミングと仕方がいいですか」って聞かれたことに驚きました。

こういうふうに人間関係の築き方から始められるとは思っていなかったんです。

 

進めていくうちに自分の感情やストーリーを語るのが好きなんだなって分かってきました。

 

ただ、なかなかそのストーリーから抜け出せないことも多かったんです。

そんな時も我慢強くリードしていただいたなって思っています(笑)。

石田

私自身はそこまで我慢強くやっている感覚はなかったんですが、明関さんにはそう映った部分があったんですね(笑)。

 

自分の未来を自分の力で切り開いていきたい人におすすめのプログラム

自分の未来を自分の力で切り開いていきたい人におすすめのプログラム
石田

明関さんから見て、このプログラムはどんな人におすすめしたいですか?

明関さん

まずは自分と向き合いたい人におすすめしたいです。

それから、自分の未来を自分の力で切り開いていきたい人ですね。

石田

自己理解プログラムを受ければ、自分の未来を自分の力で切り開いていけるわけですね。

明関さん

そうですね。

あとは、3ヶ月間取り組む時間と意欲も必要だと思います。

 

いつもと違った自分に出会えるお手伝いをしていきたい

いつもと違った自分に出会えるお手伝いをしていきたい
石田

明関さんご自身が、今後実現していきたいことを教えていただけますか?

明関さん

これまでは俳優や振付という職業に自分がすごく囚われていることに気付きました。

今後は仕事もやりつつ、感性を自分で味わってみんなが表現して生きていける応援をしていきたいと思っています。

石田

明関さんは常に「表現者」という言葉を使われますよね。

お話を伺いながら「1人1人が表現者になるといいな」って感じたんですが、その辺りはいかがですか?

明関さん

いつもと違った自分に出会える面白さを知っていただけたらなとは思っていますね。

石田

すでに具体的な活動をされているようですが、お話いただいてもいいですか?

明関さん

「真似るだけダンササイズ」っていうプログラムを考えて、色んな人に参加していただけるよう動き出しています。

あと、自己肯定感を高めるための振付の依頼もあって進行中です。

石田

もう既に走り始めているわけですね!

明関さん

「ここだ」って思ったら、色んな人が助けてくれるっていう現象が起きていて、本当に嬉しいです。

 

自己理解プログラムを受けることで、自分に苦手なことも分かりました。

それはやっぱり誰かに助けてもらわなきゃいけないんですよね。

 

色んな人とやるために自分がそういう発信をしていくようになったら、すぐに変化が起きたんです。

石田

行動する上で「こういうことを大事にした方がいいな」っていうことはありますか?

明関さん

自分がワクワクすることですね!

 

覚悟が決まった人間のすごさを実感している

覚悟が決まった人間のすごさを実感している
石田

最後に、自己理解プログラムを受けようかどうか迷っている方に対してメッセージをお願いします。

明関さん

短期集中の自己理解プログラムは、自分に向き合うことで自分を知ることができます。

 

自分を知るからこそ、セルフプロデュースができます。

すると周りにサポートや手助けしてくれる人がどんどん集まってくるようになります。

 

そうやって、やりたいことの実現に向けてどんどん回転していけるようになるわけです。

石田

卒業して1週間ですが、それを体感なさっているということですね。

明関さん

本当に自分でもびっくりしているんですが、人って覚悟が決まると行動も変わるんです。

「人ってすごいんだな」って実感できています。

石田

やりたいことの実現に向けて、これからも走り続けていってください。

これからも応援しています!

明関さん

ありがとうございます!

担当コーチ

霧中から出て、夢中に生きよう!

石田智則

強み:リーダー層のサポート

その他の卒業生の声