やりたいことの確信度が高まって、スピード感を持って行動できるようになった

木村涼 様 男性

職種:その他

勤務形態:会社員

学生時代からのモヤモヤを抱えたまま仕事をしていた

学生時代からのモヤモヤを抱えたまま仕事をしていた
川島

まず最初に、簡単な自己紹介をお願いします。

木村さん

木村と申します。社会人2年目で研究開発系の仕事をしています。

川島

自己理解プログラムを受講する前は、どんな悩みがありましたか?

木村さん
就職活動の時に「自分が本当にやりたいことって何だろう」というモヤモヤを抱えたまま入社しました。

その後もモヤモヤは解消されないまま働いている状態だったんです。

川島

就活の自己分析の中で、やりたいこと分からないモヤモヤを抱えたまま社会人生活をスタートさせてしまったんですね。

 

自分1人で取り組むワークでは確証のある答えは得られなかった

自分1人のワークでは確証のある答えは得られなかった
川島

その悩みを解決するために何かやっていたことはありますか?

木村さん

転職も考えていたんですが「本当に上手くいくか」「本当に好きでやれるのか」っていう確かさはありませんでした。

「どうしようかな」と思っていた時に八木さんの本を見つけて、ワークを実際に自分でやってみました。

川島

それで、いかがでしたか?

木村さん

ある程度「これかも」っていう結果は出たんですが、やっぱり1人だと確証が持てませんでした

 

自分の答えの確信度を高めるためにプログラム参加を決めた

自分の答えの確信度を高めるためにプログラム参加を決めた
川島

プログラム参加の決め手になったのは「より確信が持てるかもしれない」という期待を感じたからなんですか?

木村さん

そうですね。

川島

このプログラムを選んでいただいた理由は、他にもありますか?

木村さん

コーチの方がいることで、第三者視点の意見をもらえるところですね。

またプログラムには本でやっていないステップがあって、そこができるとより確信度が増すだろうと思っていました。

川島

本でやっていなかったなと思った部分はどこでしたか?

木村さん

ストレングスファインダーで得意なことを見つける部分で、使うツールとそれを基にした得意なことの自己理解です。

やりたいことを見つけた後の実現手段のステップも、本にはない部分だなと感じました。

 

また、特典として付いてくる情報発信やジョブ・クラフティングにも価値を感じていました。

 

数多く、内容も深く思考することで確信度が増した

数多く、内容も深く思考することで確信度が増した
川島

実際にプログラムを終えてみて、内面的にはどんな変化がありましたか?

木村さん

やりたいことに対して「これだ」という確証を感じています。

自分の中での確信度が高いので、迷いがある状態よりも絶対にスピード感を持って動けていますね。

川島

木村さんは書籍でもかなりやり込まれていた方だなと思うんです。

プログラムを受けることによって確信度が増したのは、どうしてだと思われますか?

木村さん

本では大事なこと・得意なこと・好きなことに、質問5つずつプラス特典で30問くらい答えます。

でも1人でやっているとなかなか自分を追い込めず、結局5問しかやっていませんでした。

 

プログラムではもっと質問量が多くて、しかも徹底的に繰り返し答えていくので確信度が高まったんだと思います。

川島

より数も多く、内容も深く考え切った結果が確信度に繋がっていったということなんですね。

木村さん

本当にそう感じています。

 

丁寧なサポートのおかげで最後までモチベーションを維持できた

丁寧なサポートのおかげで最後までモチベーションを維持できた
川島

プログラムの中で、面白かったワークはありますか?

木村さん

ストレングスファインダーのところですね。

「これだ」っていう才能が診断されても、最初は「本当にそうかな」っていう感じだったんです(笑)。

 

でも振り返ると「こういうところで使われていたんだ」っていう発見がありました。

それを元に「これからこうすればいいんだ」というところも分かって、すごく面白かったです。

川島

ストレングスファインダーは「自分ってこういう傾向があるな」っていう客観的な裏付けになりますよね。

「こうやれば上手くいくな」と、日常にも反映していきやすいと思います。

木村さん

そうですね、そこが面白く感じました。

川島

3ヶ月間一緒に取り組ませていただいた担当コーチの私について、良かった点があればぜひ教えてください。

木村さん

コーチとの相性によって左右される部分もあると思うんですが、僕はすごく相性が良かったと思っています。

 

対面でお話する機会って2週間に1回ぐらいでしたよね。

その間もLINEで進捗や質問のやり取りをしたんですが、どんな質問にも丁寧に答えてもらえました

 

それがすごく嬉しくて、最後までモチベーションを高く維持できたんだと感謝しています。

川島

やっていく中で、分からないことや気になることってたくさん出てきますよね。

木村さん

本当にそうですね(笑)。

川島

木村さんはきちんとご自身の中で咀嚼した後に質問をくださっていたので、私も答え甲斐がありました。

木村さん

ありがとうございます!

 

将来に対する不安が少しでもある人におすすめのプログラム

将来に対する不安が少しでもある人におすすめのプログラム
川島

木村さんから見て、このプログラムはどんな方におすすめできますか?

木村さん

僕は就活の時に悩んだ経験があるので、まず就活生のみなさんにはおすすめたいですね。

すでに働いている方でも、今の会社や仕事に対してモヤモヤを抱えているならぜひ受けてほしいです。

 

プログラムの結果「今のままでいいんだ」と分れば、きちんと目標が定まって集中できるようになります。

少しでも先のことが不安な人には、受ける価値がすごくあると思っています。

川島

今の仕事にそんなに不満はないけど、楽しくもないという方は結構いらっしゃいますよね。

そういう方も徹底的に自分の内面を振り返ることで、方向性が定まると私も思います。

 

自己理解をメインとしたコーチングをやっていきたい

自己理解をメインとしたコーチングをやっていきたい
川島

最後に、木村さん自身が今後どんなやりたいことを実現させていくのかを教えていただけますか?

木村さん

自己理解を強みとしたコーチングを仕事としてやっていきたいと思っています。

 

「プログラム受けて感化されたんじゃないの」って思われるかもしれないですね(笑)。

でも、これが自分の中で「これだな」と確信を持てる大きなものとして得られたものなんです。

川島

これは影響されたということではなく、1つ1つ出していった結果ということなんですね。

木村さん

きちんと3ヶ月かけて、いくつものフィルターを通って残ったものですからね。

後から「本当にいいんだっけ」と迷ってもブレない、持続的に確信が持てるものになりました。

川島

そのやりたいことに向けて、実際にもう動き始めていますよね。

今後も応援していますので頑張ってください!

木村さん

はい、ありがとうございます!

担当コーチ

自分が納得できる道へ

川島今日子

強み:考えすぎる人のサポート

その他の卒業生の声