揺るぎない価値観を手に入れて、新しい挑戦に取り組んでいる

価値観のズレに気づいてしまい、モヤモヤとしていた

坂口

まず最初に自己紹介をお願いします。

NKさん

機械系の大学を卒業後、大手機械部品メーカーに入社し今年で10年目になります。

入社2年ほどは製造の仕事を経験して、現在は機械部品の設計業務を行っています。

坂口

ジコリカイプログラムを受講する前はどんな悩みがあったんですか?

NKさん

会社の価値観と自分の価値観が違うなと感じるようになってきました。

何か新しいことに挑戦したいという思いは強くなってきたんですが、一体何がやりたいのかが分かりませんでした。

ただ無駄に時間だけが過ぎていくような状態で、モヤモヤとしていたんです。

坂口

それはいつごろから感じていたんですか?

NKさん

就職する時は自分にも会社に対する思い入れがあったので見えていなかったんです。

でも10年という節目で振り返ってみると、「ちょっと違うな」という違和感に気づいてしまって。

坂口

なるほど、10年前に入社した時の情熱やエネルギーを失ってしまったように感じられているんですね。

自分が何をしたいのか、具体的な答えは見つからなかった

坂口

その悩みを解決するために、何かやっていたことはありますか?

NKさん

自己啓発系のセミナーやオンライン塾に参加してみました。

坂口

そうなんですね。そこでは悩みを解決することは出来なかったんですか?

NKさん

確かにそこでは相手から学ぶことは色々あったんですが、自分が何をしたいのかは誰も教えてくれませんでした。

坂口

「こうしてみればいいんじゃない?」みたいなアドバイスはなかったんですか?

NKさん

いくつか勧められたことに挑戦してみたんですが、自分がやりたいこととは違うと感じてすぐに辞めてしまいました。

インプットだけではないプログラムに魅力を感じた

坂口

世の中には自己理解をする手段ってたくさんあると思うんです。

その中でこのジコリカイプログラムを選ばれた理由を教えていただけますか?

NKさん

誰かから一方通行で学ぶのではないプログラムだという部分に魅力を感じたからです。

ワークや対話を通して自分と深く向きあうという部分にも興味がありました。

坂口

インプットだけではないプログラムの内容が決め手になったんですね。

NKさん

そうですね。

自己啓発系のセミナーでは、人から学ぶことはできても自分がやりたいことは見つかりませんでした。

自分の中からあふれるやりたいことが見つかれば、これまでの悩みが解決できると思ったんです。

相手に与える価値観が明確になった

坂口

実際にジコリカイプログラムを終えて、どんな変化が得られましたか?

NKさん

これから先、変わることがない価値観が見つかったことが大きな変化です。

特に相手に与える価値観が明確に定まったことが一番の収穫だと感じています。

坂口

「自分がどう生きるか」だけではなく、「相手に何を提供したいのか」が明確になったんですね。

NKさん

そうですね。社会の中での自分の立ち位置や対人関係を考える上でも大きなプラスになると思います。

コーチと仲間の存在が心強かった

坂口

具体的にプログラムで良かった点を教えてください。

NKさん

同じ時期に受講している仲間とやり取りすることができたのは、自分の中のモチベーション維持に繋がりました。

もちろん1人で黙々とこなせる人も多いと思うんです。

でも自分は同じ目的を持った仲間がいた方が断然やる気が出てきます(笑)。

坂口

具体的にはどんなメリットがあったんですか?

NKさん

ワークの中でどうしても悩んでしまう場面ってありますよね。

そんな時に第三者の視点で意見をもらうことができ、自分では見えなかった多くの気づきを得ることができました。

それによって自分の出した答えに対する納得感も増していったのではないかと思います。

坂口

担当コーチについてはいかがですか?

NKさん

3ヶ月という期間の中では思うように進まなかったり、上手く言葉にできない時期もあって不安にもなりました。

坂口

ああ、確かにありましたね(笑)。

上手くいっている時はスイスイ進んでいるように見えるんですが、そういう時ばかりじゃありませんからね。

NKさん

そういう時にも坂口さんは親身になってサポートしてくださり、本当に心強い存在でした。

最後までやりきることができたのはコーチと仲間のおかげだと感謝しています。

新しいチャレンジを模索している人にオススメのプログラム

坂口

このプログラムは、どんな方にオススメできると思われますか?

NKさん

何か新しいことに挑戦してみたいけど、自分では何がやりたいのか分からない人にオススメします。

自分の内側を徹底的に掘り起こすことで、最終的に「やりたいこと」が見つかります。

そのプロセスは簡単ではありませんが、だからこそ結果に自信を持つことができるんだと思います。

坂口

なるほど、苦しんだ部分もあるからこそ胸を張って「これだ!」って言えるわけですね。

人間らしく楽しい仕事ができる世の中にしたい

坂口

最後に、今後どんなビジョンを実現されていくのか教えてください。

NKさん

私のビジョンは「忙しい人に仕事が楽になるサービスを提供して、人間味のある楽しい仕事ができる社会を作る」です。

坂口

いいですね!それ、すごく興味があります。

NKさん

忙しくてやりたい仕事に手が回らないと思っている人って多いと思うんです。

そんな人に業務が楽になるサービスを提供し、自分が本当にやりたいと思う仕事に取り組んでもらいたと考えています。

みんなそれぞれが人間らしく楽しい仕事ができる、そんな世の中になることを願っています。

坂口

それが実現すると、本当にステキな世界になりそうですよね。

これから具体的な行動に入っていく段階だと思いますが、しっかりと応援していくので頑張ってください!

NKさん

はい、ありがとうございます!

この記事で解決されたモヤモヤ

  1. # 本当にやりたいことってなんだろう?

その他の修了生の声

そろそろやりたいこと探しから
解放されませんか?

よくある質問

以下の2つが基準です。

  1. プログラムで定められている、10STEPそれぞれの合格基準を達成すること
  2. お客様自身が導き出された「やりたいこと」に納得感を持っていること

ありません。いかなる理由でも返金させていただきます。
受講開始から30日以内に担当コーチにお申し出ください。

いいえ。
プログラムが必要だと判断された場合のみ、受講いただくようお願いしております。
担当者からの無理な勧誘は一切行っておりません。