価値観が明確になり、やりたいことに飛び込む勇気を手に入れた

今やっている仕事の意味も、会社へのこだわりも見失っていた

坂口

まず最初に自己紹介をお願いします。

hiroさん

大学院を卒業後、金融機関に入社して法人営業・官公庁への出向や事業開発を経験しました。

現在は、投融資後の海外インフラアセットのマネジメント業務を担当しています。

坂口

ジコリカイプログラムを受講する前はどんな悩みがあったんですか?

hiroさん

30歳を過ぎた辺りから仕事へのモチベーションが湧かず「本当は何をやりたいんだろうか」と悩み続けていました。

坂口

その悩みのキッカケになる出来事っていうのは具体的にあったんですか?

hiroさん

もともと金融に興味があったのと、人と接する仕事がしたいと考えて金融機関に入社しました。

最初に配属された法人営業は自分に合っていたので、前向きに取り組むことができていました。

それがある日、突然官公庁への出向を命じられたんです。

坂口

なるほど、出向がキッカケになったわけですね。

hiroさん

官公庁の業務に興味が湧かず、業務にも慣れず上手くいかないことばかりでした。

同じ部署には東大・京大出身の優秀な方ばかりで成果出せずにいました。

長時間労働や上司からの厳しい指導もあって全く仕事が楽しく感じられない日々でした。

坂口

出向から戻ってきてからはいかがでしたか?

Hiroさん

出向から帰任すると、今度は行きたくなかった企画系の事業開発の部署に配属されました。

そこでは上司からのパワハラがひどくて、精神面からも体調を崩してしまいました。

坂口

かなりつらい環境だったわけですが、転職などを考えたことはありますか?

Hiroさん

給料は良かったし、転職するとしても自分が本当にやりたいことは何なのかが分かりませんでした。

つらい環境から逃げると思われるのが嫌だという変なプライドも相まって、辞めることもできませんでした。

坂口

そうだったんですね。

何のために働くのか、なぜ今の会社にこだわっているのかが分からなくなっていたわけですね。

自分のことが分からないままで、意味もなくスキルアップを目指していた

坂口

その悩みを解決するために、ご自身で何かやっていたことはありますか?

hiroさん

とにかく仕事ができるようになろうと必死で頑張りました。

資格試験を勉強したり、速読や英語や話し方のスキルを身に付けようとしました。

あとは自己啓発本を読んだり、人間関係を良くするために心理学も調べていたんです。

転職サイトに登録して、自分がやりたいことを探すようになったのもその頃のことです。

坂口

そこで答えになりそうなものは見つかりましたか?

hiroさん

いえ、手応えがないまま日々を過ごしていました。

坂口

今振り返ってみて、その理由って何だと思われますか?

hiroさん

自分が好きなことや得意なことも分からないまま取り組んでいたからだと思います。

スキルアップを考えたのも、結局上司や周囲から認められるため、怒られないようにするためでした。

転職するにしても、給料面や身に付くスキルや知識をベースとして考えているだけでした。

「これなら本当にやりたいことが見つかるかも」と感じて受講を決めた

坂口

そんな中、ジコリカイプログラムにはどんなキッカケで出会われましたか?

hiroさん

中田あっちゃんの「Youtube大学」で『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』を知りました。

それがキッカケになって、本に書かれたワークに取り組んでみました。

坂口

ワークに取り組んでいただいて、どんな印象でしたか?

hiroさん

「これなら本当にやりたいことが見つかるかも」と感じました。

特に、価値観・得意なこと・好きなことの組み合わせで本当にやりたいことを見つけるということに共感できました。

坂口

そこからジコリカイプログラムへ参加されたわけですが、何か決め手になるものはありましたか?

hiroさん

第三者からの意見やコーチングを通して、しっかりと自分に向き合いたいと思ったからです。

WEBで拝見した修了生の受講エピソードにも強く背中を押されました。

モヤモヤの原因が自分の資質にあることが分かった

坂口

ジコリカイプログラムを終えてみて、どんな変化がありましたか?

hiroさん

自分の長所や短所、好きなことや価値観を明確化・言語化することができました。

また、ストレングスファインダーの資質の中でも慎重さが上位にあることが分かりました。

興味があるものに飛び込む決断をする勇気がなく、モヤモヤしていた原因はそこだったんです。

坂口

やりたいことがなかったわけではなくて、やりたいことを行動に移せないことが問題だったんですね。

hiroさん

はい、そうなんです。

今回、本当にやりたいことをあぶりだすことができて、何に情熱を注いで取り組んでいくのかも明確になりました。

本当に大きな変化があったと実感しています。

過去を徹底的に振り返ることで行動や思考のパターンを整理することができた

坂口

そのような変化をもたらしたプログラムで、良かった点はどこか教えていただけますか?

hiroさん

徹底的に過去の自分を振り返り、具体化・抽象化をするワークがあったことです。

それによって自分のこれまでの行動パターンや思考パターンを整理することができました。

自分が今やっている仕事はやっぱり本当にやりたいことではないことが分かりました。

同時に、今の職場や業務でどのように自分の特性を生かしていけばいいのかというヒントも見つかりました。

坂口

いいですね!他にも何かありますか?

hiroさん

多くの動画を通じて、自己理解をすることのメリットを改めて理解・納得することができました。

自己理解のやり方・考え方を理解できたので、今後も必要に応じてアップデートできると思っています。

坂口

そこはすごく大事なポイントだと思います!

自分の置かれた環境って常に変化していくものなの、アップデートする必要は必ず出てきますからね。

担当コーチについてはいかがでしたか?良かった点があればぜひ教えてください。

hiroさん

ワークを進めている中で、どうしても悩んで行き詰まってしまう時がありました。

そういう時には色々な角度から考え方のヒントがいただけ、思考を整理できました。

コーチングやLINEを使った相談でも、いつも懇切丁寧で適切なアドバイスをいただけて感謝しています。

坂口

Hiroさんは初めてお会いした時はクールな印象がありました。

でも実際はとてもピュアに物事を捉える人で、熱い思いがあることも伝わってきました。

その気持ちに応えることができたなら嬉しいです!

仕事の目的を見失っている人におすすめのプログラム

坂口

Hiroさんから見て、このプログラムはどんな方におすすめできますか?

hiroさん

個人的には、誰もが一度は受けるべきじゃないかと思います。

特にかつての私と同じでお金のためだけに仕事をしている人、やりたいことが見つからずモヤモヤしている人ですね。

坂口

生き方や年齢を問わず受講する価値があるっていうことですね。

hiroさん

はい、そう思います。

既にやりたいことが明確な人でも新しい気づきやより深い納得感を得られるはずです。

自分を振り返り体系立てて自分を理解することで、何歳になっても充実した人生を送ることができるようになります。

誰もが好奇心と調和を感じられる場を提供していきたい

坂口

最後に、Hiroさん自身が今後どんなビジョンを実現されていくかを教えていただいてもよろしいでしょうか?

hiroさん

価値観が合う男女が繋がりを持って、好奇心と調和を感じられるような場を作っていきたいと考えています。

まずは親しい友人を集めたイベントやパーティーを開催して、参加者がワクワクできる場を提供していきます。

坂口

いいですね!

まさに、おもてなし好きのHiroさんにピッタリのビジョンだと思います。

これからも応援していますので、ビジョンの実現に向けて情熱を注ぎ続けていってください!

hiroさん

はい、ありがとうございます!

その他の修了生の声

そろそろやりたいこと探しから
解放されませんか?

よくある質問

以下の2つが基準です。

  1. プログラムで定められている、10STEPそれぞれの合格基準を達成すること
  2. お客様自身が導き出された「やりたいこと」に納得感を持っていること

ありません。いかなる理由でも返金させていただきます。
受講開始から30日以内に担当コーチにお申し出ください。

いいえ。
プログラムが必要だと判断された場合のみ、受講いただくようお願いしております。
担当者からの無理な勧誘は一切行っておりません。