思い込みから解放されて、新たな世界へ踏み出す勇気を手に入れた

仕事は辛いものだと割り切るべきか悩んでいた

徳田

まず最初に自己紹介をお願いします。

ENさん

E.Nと申します。20代後半で、現在建設会社で事務職をしております。

徳田

ジコリカイプログラムを受講する前はどんな悩みがあったんですか?

ENさん

今の会社は昭和気質が強くて、社風や仕事場の雰囲気と自分の気質が合っていないなって感じていました。

自分らしさや自分の思いを押し殺さないと業務が進まない状況だったんです。

ただ、人間関係やお給料などはすごく充実しているので、転職するのももったいないなと感じてもいました。

仕事って辛いものだと割り切るか、それとも諦めずに足掻くのかを悩んでいたんです。

徳田

なるほど。仕事のスタイルや進め方に納得できないことが悩みだったんですね。その悩みを解決するために、何か取り組まれていたことはありましたか?

ENさん

直属の先輩がすごくベテランの方なので、そういった方に相談をしていました。

スキルも続けていけば身に付くものだと思っていたので、改善改良を進めていくことを意識していました。

徳田

周りを頼ったり考え方を変えてみたりしたわけなんですね。

そこから自己理解に繋がるキッカケは何だったのでしょうか?

ENさん

『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』を本屋さんで見つけたことです。

「今からでもやりたいことを見つけられるなら見つけたい」って思って、すぐに本を買いました。

ワークをやったりYouTubeで八木さんの動画も観たり、ストレングスファインダーも受けてみたんです。

専属コーチによるサポートが得られることが受講の決め手になった

徳田

ジコリカイプログラムには、どんなことが決め手となって参加いただいたんでしょうか?

ENさん

ワークの中で「やりたいことをひたすら挙げる」というものがあるんですが、そこでつまずいてしまったんですよね。

思い浮かんでも「これって仕事になるのかな?」っていう疑問が出てきてしまったんです。

「ここからはコーチングを受けるしか見つける術はない」って感じてプログラムを受けることを決めました。

徳田

1人だと「これで大丈夫なのかな?」って確信が持てずに、不安があったということなんですね。

ENさん

ネットで調べてみたら、このプログラムでは専属のコーチの方によるサポートがあると出てきました。

徳田

コーチによるサポートが得られる環境があるということも、参加を決めていただく材料になったわけですね。

自分の人生は自分で舵を切っていこうと決意できた

徳田

実際にプログラムを終えてみて、ご自身の内面にはどんな変化がありましたか?

ENさん

大きな変化は「退職しよう」という決断ができたことですね。

 

もちろん寂しさはあるんですが、自分の人生は自分で舵を切っていこうと決意できました。

これは本当にやりたいことが見つけられたからだなって思います。

徳田

ご自身の納得感や「この道で大丈夫なんだ」っていう確信度が大きかったんですね。

なぜそういう内面の変化が起きて、決断することができたんでしょうか?

ENさん

思い込みを外せたことが大きいと思います。

例えば、音楽を発信するなら音大出た人じゃないとダメだろうなっていう思い込みがありました。

でも、そうじゃない人が発信することにもちゃんと意味があることをプログラムを通じて知ることができました。

「自分にできることには価値がある」ということを知ることができたのは大きな収穫です。

徳田

固定概念に囚われずに、自分を活かせる道や進め方があるんだってプログラムの中で気付いていただいたわけですね。

メリハリのあるプログラム内容と、答えの質を見抜くコーチの存在で納得感が高まった

徳田

プログラムで良かった点を教えていただけますか?

ENさん

ステップの終了目安がはっきりしていたことですね。

1つ1つのワークにちゃんとゴールがあって、すごろくのようなルートが設定されていました。

また、定期的にコーチとの個別面談があるので、ワークをやっつけで終わらせないという意識を持てましたね。

徳田

各ステップ毎にメリハリがあって、全体の設計の中できちんとコントロールできていたことが良かったんですね。

担当コーチについても良かった点があれば、ぜひ教えてください。

ENさん

日報を毎日送っていたんですが、いつも「ナイス日報です」って言ってくださることがすごく嬉しかったですね。

どんな時も前向きな返信をくださって、それだけでテンションが上がっていました(笑)。

あとは、私の答えに対して「しっくり感はありますか?」と立ち止まる時間をくださいました。

答えの「質」までちゃんと見てもらえたことで納得感が高まったと思います。

徳田

納得度合いやしっくり度合いってすごく大事だと思うんです。

やっつけでやったのか、全部出し切ったのかってご本人にしか分からないじゃないですか。

ご自身でそこにちゃんと向き合おうとしているのが素晴らしいことだなって思います。

それが納得感にも繋がってるんでしょうね。

仕事に違和感を感じている、すべての人におすすめのプログラム

徳田

E.Nさんから見て、このプログラムはどんな方におすすめできますか?

ENさん

全人類に受けて欲しいと言いたいところですね(笑)。

徳田

それ、私も言いたいです(笑)。

ENさん

今の仕事に違和感があるけど踏み出す勇気がない、他に選択肢がないから続けているっていう方におすすめします。

違和感を感じているのは、自分らしく生きられていないからだと思うんです。

ジコリカイプログラムを受ければそんな現状が打破できるはずです。

人生は一度きりなので、誰もが納得した生き方で進んでいってほしいなと思います。

みんなの好奇心を呼び覚ませるような発信をしていきたい

徳田

最後に、E.Nさんご自身が今後どんなやりたいことを実現されていくのかを教えてください。

ENさん

毎日「退屈だな」「しんどいな」と感じている人や、新しいことを始めたいけど勇気が出ない人って多いと思います。

そんな人たちに向けて、私が楽しいと思うものを楽しくやっている姿を見てもらえるような発信をしていきます。

それによってみんなが好奇心を呼び覚まし、楽しさを感じられる毎日を送ってほしいんです。

徳田

そのビジョンが実現するように今後の活躍を期待しています。

引き続き応援させていただきます!

ENさん

はい、ありがとうございます!

▼EN様活動実績
YouTube

この記事で解決されたモヤモヤ

  1. # 自分らしく生きるには?

その他の修了生の声

そろそろやりたいこと探しから
解放されませんか?

よくある質問

以下の2つが基準です。

  1. プログラムで定められている、10STEPそれぞれの合格基準を達成すること
  2. お客様自身が導き出された「やりたいこと」に納得感を持っていること

ありません。いかなる理由でも返金させていただきます。
受講開始から30日以内に担当コーチにお申し出ください。

いいえ。
プログラムが必要だと判断された場合のみ、受講いただくようお願いしております。
担当者からの無理な勧誘は一切行っておりません。