自分の内側に隠れていた本当の選択肢が見つかった

何が好きで、何を大事にして生きているのか分からない状態だった

八木

早速ですが、ジコリカイプログラムを受講される前ってどんな悩みがあったのですか?

Sさん

ジコリカイプログラムを3月から受講したんですが、自分自身が本当に分からなくなったという状態でした。

今の会社に10年ぐらい勤めているんですが、将来独立したいと思っていたんです。

3つぐらい進路があったのですが、どの方向に進めばいいか分からなくて、1年ぐらい頭の中で考えてました。

自分自身がそもそも何が好きで何を大事にして生きているのかが分からない状態で、精神的に参っていたんです。

八木

10年以上会社で働かれていた時から「何か違うな」っていう感じだったんですか?

Sさん

仕事自体はやりたくて就いた仕事でしたのでレベルアップしていくつもりはあったんです。

でも5〜6年目ぐらいから、この仕事は多分僕には向いてないだろうなとも思い始めていました。

どこかのタイミングでもっと自分が本来好きな自然分野の方向で仕事していきたいなと思ってました。

八木

ぼんやりと好きなものがあったけど、それでは進路が絞れなかったっていうことですか?

Sさん

そうですね。

農業、登山ガイド、それからもう1回自然分野を大学院で勉強するっていう、その3つで悩んでいたんです。

八木

最初の印象ではすごい思い詰められていて、本当に自分の人生を生きるんだって思いが伝わってきました。

その分納得のいく決断をしたいという思いが強いんだろうなということは感じていたので、サポートできて楽しかったです。

Sさん

藁にもすがる思いで受講しました(笑)。

情報収集しまくったけど、余計に混乱してしまった

八木

そういう悩みを解決するために、ジコリカイプログラムを受講する前に取り組んでいたことってありますか?

Sさん

徹底的に情報収集だけはしていました。

職業興味検査(VPI)という、大学生が就活する時に受けるものを受けてみたこともあります。

ストレングスファインダーも受けてたんですけど、受けっぱなしで特に深くやってはいませんでした。

進路については大学院や農業、登山ガイドの学校も調べまくってたんです。

でも、結局調べれば調べるほど、さらに分からなくなっていました。

八木

色々選択肢は増えていくけど、その中から選ぶ判断基準を持っていない状態だったんですね。

Sさん

どれもそれなりに興味があって面白そうだと思っていたんです。

ところが、逆に選択肢が広がりすぎて身動きが取れなくなって決断できない状態でした。

八木

それは自己分析の診断なんかを受けても解消しなかったんですか?

Sさん

体は1つしかありませんから1つしか選べませんよね。

会社にも長くもいたくないし、でもどれが自分とってベストなのか決断もできないしという感じでした。

3ヶ月でやりたいことを見つけることだけに集中できるプログラム

八木

そんな迷走をしてる時にプログラムを受けていただいたということなんですね。

いろんな講座が世の中にある中でこのプログラムを選ばれた決め手や理由は何ですか?

Sさん

2つの大きな理由があって、まず価値観を明らかにできるっていうことが、僕にとっては一番の魅力でした。

会社員も10年やると、ある程度自分の好きなことや得意なことが何となく分かってきたと思うんです。

だけど、自分自身が何を大事にして生きてるんだろうかっていうのが本当に分からなかったんです。

八木さんのYouTubeを拝見して、価値観というものを大事にされていることが分かりましたし、僕も共感できました。

八木

なるほど。

Sさん

2つ目が3ヶ月っていう期間が決められていたことです。

受ける前は、正直言って「僕は10年以上悩んでたのに、3ヶ月で分かるもんか」って思ってました(笑)。

でも、いつも八木さんが自信満々でお話されていたので「これに賭けてみよう」と思ったんです。

個人的にも3ヶ月後っていうのが自分の30代前半が終わる時だったんです。

それまでになんとかずっと不安定だった状態を抜け出したいっていう思いで受講を決めました。

八木

3ヶ月っていう、集中する期間が定まっていたのもポイントだったんですね。

Sさん

集中してやれるっていうところも僕にとってすごく魅力的でした。

価値観が明確になったことで生活スタイルから変わっていった

八木

価値観を明確にしたいというモチベーションがあったと思うんですけど、それは受けた後はどうなりましたか?

Sさん

価値観は本当にはっきりしました(笑)。

八木

素晴らしい!

Sさん

本当に3ヶ月前はこんなふうになるとは思わなかったんです。

このプログラムには5つの価値観が出てくるんですが、なぜその5つを大事にしてるかを説明できるようになりました。

自分でも納得できる価値観が見つかって本当にありがたいなと思っています。

八木

価値観が明確になったことで生活や仕事に変化がありましたか?

Sさん

まず自分自身の中で判断する基準が明確になって迷わなくなりました。

例えば、僕の一番大事な価値観が「自然」だということが分かったんです。

だから自分が自然な状態でいることを生活の第一に置こうと思いました。

今まではスーツのような堅い格好で出勤してたんですが、自然な振る舞いができないと感じるようになりました。

それで今はジャケパンとかポロシャツにジーパンとかになっています。

表面的なものなんですけど、そういう変化がありました。

八木

人に対して、仕事を通じてどんな価値を提供していくのかも明確になりましたよね。

Sさん

僕は「自然」という価値観があって、これを人に置き換えると「自然体」という状態だと思うんです。

これはプログラムで3ヶ月かけて最後にひねり出てきた言葉だったんですね。

自然体というのは僕なりに「自分自身を偽ったり飾ったりしない状態」っていう意味も込めています。

自分らしく生きる、他からの声に惑わされない人になれるような後押しをする方向に進んでいきたいと考えています。

八木

キャッチコピーでもある「世間体から自然体へ」っていうのが出てきた時は、僕も「すごい!」って(笑)。

めちゃいい言葉出てきたって感動しちゃいました。

すごくいい今後の仕事の指針ができたのかなと思っています。

Sさん

八木さんと3回直接面談させていただきましたし、毎週末にセミナーもあります。

そこで自分が納得できていない点を解決できるのもこのプログラムの良いところだと思います。

そういうやり取りの中で八木さんご自身も本気でこのプログラムをやられてるんだなっていうのが伝わってきました。

「ああ、本気でやっていいんだな」っていう信頼を感じたんです。

自分の内側から思いもよらない選択肢が飛び出してきた

八木

価値観が明確になって迷いがなくなったこと以外に、何か変化はありましたか?

Sさん

もう1つありました。

初めに3つの選択肢という話をしましたけど、結論として出てきた答えはそのいずれでもない選択肢でした。

ところが、それが僕の進路になったんです。

八木

確かにそうですね。

最初にお話した時は3つの中ので迷っていて、見つかったのは全く別ですもんね。

Sさん

本当に思いもよらない方向に進もうとしてるんですけど、八木さんのコーチングスタイルのおかげだと思います。

その選択肢は僕が大事にしている「自然」という価値観とマッチしてる方向だと自分では思ってるんです。

これはこのプログラムを受けないとそういう進路はまず見えなかっただろうなと思います。

八木

選択肢を集めまくっても見えなかったものが自分の内側から新しい進路として飛び出してきたっていうことですよね。

Sさん

プログラム受講前は外側にある選択肢を集めて迷っていたんです。

でも、このプログラムは自分の内側を徹底的に掘り下げるスタイルだったんですね。

その結果として自分の中から出てきた信念を持つことができるようになりました。

八木

本当に中から引き出されたということが感動的ですね。

自分自身の言葉が溢れ出すようになった

八木

他にもプログラムで変化を引き起こすきっかけはありましたか?

Sさん

10段階で刻まれているのが良かったと思います。

着実に1歩ずつ前に進んでるっていう実感を得られた3ヶ月でした。

僕は手帳に日記をつけてるんですけど、受講前は毎日1〜2行ぐらいしか書けなかったんです。

でも受講を始めてからは少し量が増えてきたんですよ。

1ヶ月経ったころには10行、しかも丁寧な字で書くようになってきたんですよね。

自分の価値観で1日1日を大事に生きていこうという思いが強くなったからじゃないかなと思います。

八木

プログラムを進めることで自分の内側からの言葉も自然と溢れ出してくるようになっていったということですね。

Sさん

そうですね。自分自身の言葉で生きられるようになりました。

八木

なかなか書けなかった日記が書けるようになったのって、相当大きな変化ですよね。

Sさん

それまでほとんど書けなかったのがだんだんと書けるようにもなって、自分が完全に立ち直ったことを実感できました。

八木

素晴らしいですね。書きたいことがいっぱい出て来るんですか?

Sさん

このプログラムで、本当にPDCAが大事だなと思いました。

日記を書くことで1日を振り返って「明日はもっといい1日にしよう」と思う時間を意識的に作ってます。

フィードバックのおかげでより深い気付きを得ることができた

八木

自己理解とか自分と向き合うことって、1人でもできるものだと思うんです。

実際に受講してみて、わざわざ人の手を借りて自己理解する意味はありましたか?

Sさん

僕にとってはありましたね。

それは八木さんが僕のようなモヤモヤしている人をたくさん見てきているという信頼感があったからだと思います。

もちろん自己理解するのは受講生本人ですし、一生懸命やらなければ自分なんて絶対見えてこないと思うんです。

ただ、どこかで「これでいいのかな?」という思いが必ず出てきます。

その時に八木さんとやり取りすることで、自分の中でより深い気付きが出てきたのだと思います。

八木

自分だけでは辿り着けなかった深いところまで掘り下げれたということですね。

Sさん

好きなことや価値観って自分だけで持っていても仕方ないと思うんです。

やっぱり社会で生きている以上、誰かに分かってもらわないと意味がないと思っています。

その点でも、第三者である八木さんに自分の価値観を伝えることができて自信になりました。

八木

そうやってフィードバックを回していったことで「3ヶ月で終わるはずないだろう」と思っていたものが3ヶ月で終わったということですね。

Sさん

熱中していたので1ヶ月半くらいでゴールが見えました。

人生に違和感を持っている方におすすめします

八木

Sさんから見て、このプログラムってどんな方におすすめできますか?

Sさん

人生にしっくり来てない人、違和感を抱え続けてる人には受けていただきたいと思います。

私は今30代なんですけど、会社に入って10年ぐらい経つとどうしても惰性で働いている部分があると思うんです。

自分自身が何が好きかなとか何を大事にしてるのかなって、そんなの考えなくても生きていけると思うんですね。

そのままで生きていける方はそれでいいと思うんです。

でも、少しでも違和感を感じる方は1回そこで立ち止まってみてください。

ここで考えるかどうかでこの先の人生が変わってくると思います。

八木

ある程度仕事ができるようになったけど、このままで本当にいいのかとか、満たされない自分がいると感じる方ですね。

Sさん

どっかで「なんかちょっと違うんじゃないかな」っていうふうに思い続けている方はすごくすっきりすると思います。

全然違う世界が広がってくるんじゃないかなと思います。

八木

ぜひそういう方に受けていただきたいですね。

最後ですが、今後どんなやりたいことを実現されていくのか教えていただいてもいいでしょうか?

Sさん

「世間体で生きる人を自然体で生きる人に変える」というのが私のビジョンです。

今までの仕事の経験や、コーチング、好きな山歩きも組み合わせた独自のプログラムを提供していきたいと思ってます。

八木

それめちゃくちゃ楽しみですね。

今まで感じてきたこと、会社員としてやってきたことも今後のやりたいことにうまくつながったと思います。

Sさん

本当にありがたいと思ってます。

八木さんから「このプログラムが終わったら1本の道を進めるようになりますよ」っていう話があったんです。

当時は半信半疑だったんですが、まさにその通りの状況になっていて、自分でも驚いています。

八木

迷いがないってことは気持ちいいですよね。

Sさん

「この道で行ってみよう」という気持ちになれたのはこのプログラムのおかげだと思います。

八木

実現できるのは間違いないので、ガンガンと目標志向で突き進んでください!

その他の修了生の声

そろそろやりたいこと探しから
解放されませんか?

よくある質問

以下の2つが基準です。

  1. プログラムで定められている、10STEPそれぞれの合格基準を達成すること
  2. お客様自身が導き出された「やりたいこと」に納得感を持っていること

ありません。いかなる理由でも返金させていただきます。
受講開始から30日以内に担当コーチにお申し出ください。

いいえ。
プログラムが必要だと判断された場合のみ、受講いただくようお願いしております。
担当者からの無理な勧誘は一切行っておりません。