恐れていた過去と向き合うことで、将来のビジョンがスッキリと見渡せた

将来を見据えて、今のうちに気持ちをスッキリさせておきたかった

川島

まず最初に自己紹介をお願いします。

石嵜さん

石㟢円香と申します。プログラム受講時は専業主婦でした。

川島

ジコリカイプログラムを受講する前はどんな悩みがあったんですか?

石嵜さん

今は専業主婦をしているんですが、子供がだんだんと育っていったら自分も社会に出たいなと思っていたんです。

ただ、どういうところで働いたらやりがいを感じられるかなっていうので悩んでいました。

川島

それは直近の悩みではないけど、今後のことを考えた時にスッキリさせておきたいなということだったんですね。

石嵜さん

はい、そうですね。

川島

その悩みを解決するために、何かやっていたことってありますか?

石嵜さん

八木さんの『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』を購入して、自分なりに自己理解をやっていました。

川島

取り組んでみた結果はどうでしたか?

石嵜

あまり自分で納得はできなかったんです。

特に価値観の順位付けや価値観同士がどう結びつくのかをうまく言語化できませんでした。

自信を持って「これでいいんだ」っていうふうにはならなかったですね。

川島

書籍を使って取り組んでみたものの、なかなかうまくいかなかったということで参加を決めていただいたんですね。

質・量ともに桁違いのプログラムだった

川島

プログラム参加の決め手になったのは何だったのですか?

石嵜さん

一番最初のカウンセリングの時ですかね。

川島

カウンセリングの時に「どうしようかな」っていう迷いを見極めようと思っていた感じなんですか?

石嵜さん

自分が望んでいるような感じじゃなかったら、やめるのも選択の1つかなとは思っていました。

川島

カウンセリングを通して、どういうところが「いいな」と思って参加の決断をしていただいたんでしょうか?

石嵜さん

自分の現状に対しての客観的な分析がすごく的確だったっていうところですね。

川島

ご自分で書籍に取り組むのとプログラムに参加するのでは、どういう違いがありましたか?

石嵜さん

やっぱりお金を払っているっていうのもあるし、担当コーチもすごく頑張ってくださいました。

取り組む時間の量が桁違いで、ワーク自体も本に載ってないことがたくさんありましたね。

川島

自己理解にかける時間も、内容のボリュームも全然違ったんですね。

お金以外の働く目的が見つかった

川島

実際にプログラムを終えて、内面的にはどんな変化がありましたか?

石嵜さん

何よりスッキリしましたね。

これで突き進んでいけるというか、お金を稼ぐこと以外の働く目的が見つかったのが一番良かったかなって思います。

川島

お金以外というのは、仕事の目的の部分ということですか?

石嵜さん

そうですね、仕事の目的ですね。

川島

変化があった理由として、価値観の部分が明確になったのが石㟢さんの中では大きいですか?

石嵜さん

そうですね、それが大きかったですね。

考え抜いて消化しきったからこそ得られたスッキリ感

川島

他にも変化はありましたか?

石嵜さん

自己肯定感や効力感を高めるSTEP6で、自分の人生の中で一番触れたくない過去にちゃんと向き合いました。

実は自分の思い込みがすごく多かったことが分かったので、今後は自分が苦しまないで済むなっていう気がします。

川島

STEP6は結構苦しいですよね。

自分があんまり触れたくない傷口をグイグイやるような感じで(笑)。

石嵜さん

自分の傷口を広げていくみたいな感じですよね(笑)。

川島

でも、やった甲斐があったなっていう感じですよね。

石嵜さん

本当にやって良かったし、多分このプログラムでやらなかったらどこかで苦しい思いをしていたと思います。

川島

自分が嫌だなと思っている過去にしっかり目を向けて掘り下げていただきましたよね。

それがどうしてスッキリした結果につながったんだと思いますか?

石嵜さん

出すだけ出して、もう出ないからじゃないですかね。

川島

自分がどう思っているのか、それに対してどう向き合うのかっていうのを考えきったということですね。

嫌なものをそのままにしておかないで消化しきったからこそ、このスッキリ感があるんですね。

自分の資質を自覚することで、行動パターンが変わってきた

川島

石㟢さんには、お忙しい中でもめちゃめちゃ時間を確保していただいて、超コミットしていただきました。

振り返ってみて、「ここが面白かったな」っていうところはありますか?

石嵜さん

ストレングスファインダーの自分が持っている資質のところですね。

過去の自分の体験と結びつけて検証するところが面白かったです。

川島

具体的にはどんなふうに面白かったですか?

石嵜さん

「この資質があったからなのかこうだったのか!」みたいな発見があったところですね。

川島

自分の上位資質を過去と紐付けたことで、今後の行動や思考は変わってきそうですか?

石嵜さん

上位資質に関しては、それが出過ぎちゃうと自分や周りが苦しいんだなっていうのは感じました(笑)。

川島

そこを自覚して意識的になれたことで、そのコントロールが受講前よりもしやすいっていう手応えはありますか?

石嵜さん

それはありますね。

コーチの言語化力が高く、エスパーのようだった

川島

プログラム全体を通して、具体的に良かった点をぜひ教えてください。

石嵜さん

やっぱりコーチングが良かったですね。

 

正直、最初はシートがあれば自分でやっていけるんじゃないかって思ったんです(笑)。

でも、自分が上手く言語化できないこともたくさんありました。

そんな時にも、言いたくて言えなかったことを上手く引き出してもらえました。

「なんで知ってるんですか?エスパーですか?」って思っちゃいました(笑)。

川島

確かに、自分が思ってることを言語化するのって難しい時がありますよね。

自己理解って、普段考えないことを考えていただくことが多いんですもんね。

石嵜さん

言葉にするのが難しかったのをスムーズにもらえました。

川島

3ヶ月間一緒に取り組ませていただいた、担当コーチのサポート面はいかがでしたか?

石嵜さん

やっぱり日々の生活プラスこのプログラムとなると結構ハードでした。

内心「今日コーチングがあるわ」って、気持ちが乗らない時もありました(笑)。

でも、顔を合わせると上手く乗せてくれるというか、引き上げてあげてもらえたのがありがたかったですね。

川島

皆さん、日々の生活とかやらないといけないことがたくさんある中で、3ヶ月間って短いようで長いと思うんです。

そういう心境の波みたいなのはありますよね。

そこを上手くサポートできていたのなら、嬉しいです!

方向性を定めて判断基準を明確にしたい人にオススメのプログラム

川島

石㟢さんから見て、このプログラムはどんな方にオススメ出来ますか?

石嵜さん

自分のエネルギーを向ける先が分からない人ですね。

行動力があってもなくても方向性が分かるので、どっちにしようって迷ってる人に受けてもらいたいです。

川島

方向性が定まると、どんな良い事があると思いますか?

石嵜さん

今後仕事をしていって「ちょっと違うな」「方向転換しよう」と思うことってあると思うんです。

そんな時にも、ちゃんと自分の軸を持っているから自分で判断ができる状態になっていることですね。

川島

自分の中で判断基準の軸ができたからこそ、自分で軌道修正できるようになったという感じですか?

石嵜さん

はい、まさにそういうことです。

人に自信を与えられる仕事をしていきたい

川島

最後に、石㟢さん自身が今後どんなやりたいことを実現させていくのかを教えてください。

石嵜さん

人に自信を与えられるような仕事をしていきたいです。

具体的には、ダイエットカウンセラーです。

ただ痩せるだけじゃなく、その人が自信を持って人生を歩んでいけるようなサポートをしていきたいと思っています。

川島

石㟢さんにピッタリですよね!

具現化された時にものすごい納得感がありました(笑)。

これからも心から応援しておりますので、今後も引き続き頑張ってください!

石嵜さん

はい、ありがとうございます!

この記事で解決されたモヤモヤ

  1. # なんのために働くんだろう?

その他の修了生の声

そろそろやりたいこと探しから
解放されませんか?

よくある質問

以下の2つが基準です。

  1. プログラムで定められている、10STEPそれぞれの合格基準を達成すること
  2. お客様自身が導き出された「やりたいこと」に納得感を持っていること

ありません。いかなる理由でも返金させていただきます。
受講開始から30日以内に担当コーチにお申し出ください。

いいえ。
プログラムが必要だと判断された場合のみ、受講いただくようお願いしております。
担当者からの無理な勧誘は一切行っておりません。