自分で自分の人生を選択できる、判断基準を手に入れることができた

S 様 女性

職種:WEBディレクター

勤務形態: 

転職活動の中で、自分が判断基準を持っていないことに気づいた

片田

早速ですが、まず自己紹介からお願いしてもよろしいですか?

Sさん

現在はWEBディレクターとして企業に勤めていて、WEBサイトを作る現場監督のような仕事をしています。

片田

プログラムを受講する前はどんな悩みがあったんですか?

Sさん

今勤めている会社のことがすごく嫌いで、その会社を辞めたくて転職活動をしていたんですね。

それで4社から内定をいただいたんですけど、結局どの会社も選ぶことができなかったんです。

 

その時にそもそも自分が何をしたいのかよく分からないっていうことに気づいて、それが悩みとなっていました。

片田

実際の転職活動まで行動してみたけど、内定先を選ぶ基準が自分の中にないっていうことに気づいたんですね。

 

答えは出たけど、確信に至る何かが欠けていた

片田

それに気づいてから、自分の中に判断基準を得るためにご自身で何かやっていたことはありましたか?

Sさん

悩みから抜け出せない中で、ちょうど八木さんの著書を見つけて「これじゃん!」と思ったんです(笑)。

片田

読みながら中に書いてあるワークなんかも結構ご自身でやられていた感じですか?

Sさん

2ヶ月くらいかけてやりたいことを探すワークをやってみました。

自己啓発本って世に色々と出てると思うんですけど、あれほど実直に実践をしたものはなかったです(笑)。

片田

実践してみた結果はどうでしたか?

Sさん

「こんな感じだろうな」っていう答えは出たんです。

でも本当にこれで合ってるのか、私のやりたいことはこれなのか自信がなくなっちゃった部分もあったんですね。

 

その結果、逆に答えがさらに分からなくなってしまうような状態でした。

片田

確信を持つための最後の一押しがちょっと足りなくて、さらに迷宮に入り始めちゃったみたいな感じでしたか?

Sさん

そうですね、そんな状況でした。

 

「今やらなきゃ」っていう思いで飛び込んだ

片田

その流れでこの自己理解プログラムを見つけられたんですか?

Sさん

本を読んでやりたいこと探しの理屈はすごくよく分かったし、納得もしました。

 

でもいざ自分がやりたいことを探すってなると自信がなくなっちゃったんです。

本当にこのやり方が合っているのか不安になったから、「じゃあこの本を書いた人に聞いてみよう」と思ったんです。

片田

出てきた答えの確信を得るために、まずは無料カウンセリングを受けてくださったという流れだったんですね。

そこで参加を決められた決め手は何だったんですか?

Sさん

ほぼ勢いだったんです(笑)。

 

片田さんと最初にお会いした時、「やるもやらないも自由です」って結構ライトな印象だったんですよ(笑)。

だから、「ここで踏み出せずにいつ踏み出すの?」って自分の背中を押して申し込みました。

片田

そうでしたね。あの時は結構一緒に悩みましたもんね。

「最後はSさんが決めてください」っていう感じでしたよね。

Sさん

すごく時間をもらって、申し訳なかったです(笑)。

 

徹底的に自分と向き合うことで、腹をくくる覚悟が生まれた

片田

勇気を持って飛び込んでくださったわけですが、実際にプログラムを終えてどんな変化がありましたか?

Sさん

サポートを受けながら、これまでどう生きてきたのか、今後どう生きていきたいのかを徹底的に洗い出しました。

すごく苦しいプロセスだったんですが、「ここまで悩んでたどり着いた答えだから」と腹をくくる覚悟ができました

片田

迷いや疑問がなくなって、覚悟や納得感が生まれたんですか?

Sさん

納得感は大きいですね。

 

「もしかしたら他にもあるんじゃないか」っていう部分は、正直なところまだちょっとあるんです。

だけど、これだけ悩んで見つけたんだから「とりあえずこれをやってみよう!」っていう気持ちになっています。

片田

Sさんは僕の担当したお客様中でも、「まだあるんじゃないか」って探し続ける力がめちゃくちゃ高かったんですよ。

 

誰よりも早くプログラムを終えられて、また誰よりも多く戻ってやり直してましたよね(笑)。

でもそこはSさんの才能や長所が表れている部分だと思いますよ。

 

他に、何か目に見えるような変化はありましたか?

Sさん

リアルな世界では特に変わった部分はないんですけど、私の心持ちとしては腹を決めようって変わることができました。

片田

そこは本当に大事なポイントですよね。

 

プログラムを終えたことによる変化って、目に見える外側のものよりも内面での変化の方が大きいんです。

やはり自己実現の領域なので、今後の積み上げによってそれは高められていくと思います。

 

しつこい疑問にも何度でも答えてもらえた

片田

今言ってもらったような納得感や覚悟感はどうして生まれたと思われますか?

プログラムの中で具体的に良かった点を教えていただけますか?

Sさん

プログラムはもちろん担当コーチがすごく良かったんです。

片田

おお、嬉しいです!(笑)

Sさん

私、結構しつこかったと思うんですよ(笑)。手を変え品を変え同じ質問を2回も3回もしてたし。

 

でも「それこの間も聞いたでしょう?」って言わないで何回も壁打ちの相手になってくれましたよね。

自分1人では袋小路に入ってしまうような疑問を受け止めてくれて、いつも的確なフィードバックをもらえました。

片田

プログラムの中身だけじゃなく、LINEや対面で話した中で納得感や確信が得られていったっていうことですか?

Sさん

そうですね。そのおかげで練り上げられた納得感が得られたと思います。

 

無為な時間を過ごしたくない人に即効性のあるプログラムです

片田

Sさんから見て、このプログラムはどんな人におすすめできますか?

Sさん

私の人生これでいいのかなって悩んでいても、結局スマホを見ているだけの1日で自己嫌悪になってる人ですかね。

 

自己嫌悪になるっていうことは、きっと無為な時間を過ごしたくないっていう気持ちの裏返しだと思うんです。

そんなふうにモヤモヤしてるんだったら、サクッとプログラムを受けてサクッとやりたいことを見つけてほしいんです。

片田

それって、やり場のないエネルギーを持て余してるっていうことですもんね。

自分に期待してるけど何をやればいいか分からない、そんな人におすすめっていうことなんですね。

Sさん

上手くまとめていただいて、ありがとうございます!(笑)

 

プログラムで得た経験をもとに、自分の気持ちを言語化するお手伝いをしていきます

片田

最後に、Sさん自身が今後どんなやりたいことを実現されていく予定なのかを教えてください。

Sさん

かつての私のように、自分の気持を言語化できずにモヤモヤしている人って多いと思うんです。

そんな人たちが持っているエネルギーを自分の気持に向けていけるお手伝いをしていきたいと考えています。

片田

Sさん自身もこのプログラムを通して、自分のことをめちゃくちゃ懐疑的に何度も深堀りしてきたと思うんですね。

 

その中で得た知見や深堀りのノウハウは、今度はSさんがお客様に提供できる力になってると思います。

だからきっとそのビジョンは実現するだろうなって、僕もクリアにイメージできちゃいます。

 

これからも応援していますから、頑張ってください!

Sさん

ありがとうございます!

▼S様活動実績
https://zakichan.com/

担当コーチ

毎日に生きやすさを。

片田なるとし

強み:欠点が気になる人のサポート

その他の卒業生の声