価値観が明確になったことで、新しいフィールドへ進む意欲が湧いてきた

何となく入った会社だから仕事に興味を持てなかった

川島

まず最初に自己紹介をお願いします。

AKさん

大学院を卒業し、新卒で家具メーカーの設計職として入社して3年目となります。

大学院の研究室ではヒートアイランド現象の改善に関する研究をしていました。

川島

ジコリカイプログラムを受講する前はどんな悩みがあったんですか?

AKさん

今の会社は「何となく良さそう」というだけの理由で入社したんです。

そのため仕事にあまり興味を持てず、やりがいを感じることもできませんでした。

それで、社会人3年目に入ったぐらいから自己理解を意識し始めたんです。

川島

学生時代や就活中には自己理解や自己分析の機会はなかったんでしょうか?

AKさん

そもそも、学生時代は研究が忙しいことを言い訳にして全く自己分析をしていませんでした。

社会人になってから次第に「自分が本当にやりたいこと」を見つけたいと思うようになったわけです。

コーチングを受けてみたがスタイルが合っていなかった

川島

その悩みを解決するために、AKさん自身で何かやっていたことはありますか?

AKさん

コーチングをやっている友人がいたので、お試しで受けて自己理解をしてみようとしたことがありました。

川島

受けてみていかがでしたか?

AKさん

友人のコーチングのスタイルは「やりたいことを見つける」というものではありませんでした。

「やりたいことを行動に移せるマインドを身につける」というもので、自分には合いませんでした

川島

なるほど、そもそもやりたいことが見つかっていない状態ではあまり意味がなかったわけですね。

AKさん

そうですね。

理論立てられたプログラム内容が魅力的だった

川島

ジコリカイプログラムを受講する決め手になった、魅力的に感じた点を教えてください。

AKさん

自己理解の本を読んだりコーチングついて調べてみましたが、どれも内容が漠然としていました。

これで本当にやりたいことを見つけることができるのか半信半疑だったんです。

川島

これまでに読んだ本や受けてみたコーチングと、ジコリカイプログラムの違いは何だと思われますか?

AKさん

まず、このジコリカイプログラムはとても理論立てられた内容だということです。

それに加えて、コーチのサポートも充実しているので受講を決めました。

自分は人に何を提供したいのか、その軸となる価値観が明確になった

川島

実際にジコリカイプログラムを終えて、内面的にどんな変化が得られましたか?

AKさん

自分が大切にしている価値観を明確にできたことが一番大きいと感じます。

川島

これまでは価値観が見えていないことが悩みにつながっていたわけですね。

AKさん

はい、「自分が何にやりがいを感じるのか」「自分は人に何を提供したいのか」が全く分かっていませんでした。

それが明確になったわけですから、自分にとってとても大事な軸を得られたと感じています。

「好きなことをやりましょう」で終わらないプログラム内容だった

川島

そのような変化はどのようにもたらされたのでしょうか?

そのキッカケとなった、プログラムの良かった点を教えてください。

AKさん

ただ単に「好きなことをやりましょう」で終わりではなかったことです。

価値観や得意なことを、好きなことに照らし合わせていく方法がとても効率的だなと思いました。

川島

確かに、いきなり「好きなことをやりましょう」と言われても悩んでしまいますよね。

AKさん

そうですね。特に自分はそういうタイプなので悩んでしまうと思います。

川島

担当コーチについてはいかがでしたか?良かった点があればぜひ教えてください。

AKさん

残業の多い職場で進捗が遅いこともありましたが、コーチが親身になって励ましてくれたことです。

うまく言葉にできない考えや感情を言語化する時には一緒に悩んでくれました。

意見を押し付けることなく、こちらの言葉を尊重してくれたので自分らしい言葉で表現することができました。

川島

「自分らしい言葉」というのがすごく大事なポイントですよね。

そのサポートができたのなら、私も嬉しいです!

モヤモヤを抱えたまま生きている人におすすめのプログラム

川島

AKさんから見て、このプログラムはどんな人におすすめできそうですか?

AKさん

今の仕事や環境にやりがいを感じることができない人におすすめします。

「このままの生活でいいの?」「本当にやりたいことって何?」と、モヤモヤしたまま生きている人って多いはずです。

川島

確かにそうですね。

AKさん

ジコリカイプログラムを受講することで価値観を明確にして、そんなモヤモヤを解消してほしいと思います。

ファッションを通じて、誰もが自信をもって生きられるサポートをしたい

川島

最後になりますが、AKさん自身が今後どんなビジョンを実現されていくかを教えていただけますか?

AKさん

将来はパーソナルスタイリストとして働きたいと考えています。

川島

家具から服へとフィールドを移していかれるわけですね。

AKさん

はい、ファッションを通じてその人らしさを表現して自信に繋げるサポートをします。

着たい服が分からない人にスタイルを提案し、本当に着たい服を見つけるお手伝いをしたいと思っています。

そのためにも、まずは服やコーディネートに関する知識を身に付け、資格を取っていきます。

川島

価値観が明確になったわけですから、フィールドが変わってもブレずに進んでいけるはずです。

これからも応援していますので、ぜひビジョンの実現にむけて頑張ってください!

AKさん

はい、ありがとうございます!

この記事で解決されたモヤモヤ

  1. # 本当にやりたいことってなんだろう?

その他の修了生の声

そろそろやりたいこと探しから
解放されませんか?

よくある質問

以下の2つが基準です。

  1. プログラムで定められている、10STEPそれぞれの合格基準を達成すること
  2. お客様自身が導き出された「やりたいこと」に納得感を持っていること

ありません。いかなる理由でも返金させていただきます。
受講開始から30日以内に担当コーチにお申し出ください。

いいえ。
プログラムが必要だと判断された場合のみ、受講いただくようお願いしております。
担当者からの無理な勧誘は一切行っておりません。