「価値観」というコンパスと「得意なこと」という武器を手に入れた

天職や情熱を持てる仕事を探していた

川島

まず最初に自己紹介をお願いします。

SHさん

大学の教員として20年以上勤めてきましたが、上司からのパワハラが原因で退職しました。

現在は無職です。

川島

ジコリカイプログラムを受講する前はどんな悩みがあったんですか?

SHさん

10年位前から「今の仕事は本当にやりたいことじゃない」と感じるようになっていました。

いつも「他に何か天職と呼べるものや情熱を持てるものがあるんじゃないか」と思っていたんです。

また、上司からパワハラを受けていたこともあって、いわゆるブルーマンデー症候群のようになっていました。

川島

実際の生活にも影響が出ていたような状態でしたか?

SHさん

やる気もなくなり、家では疲れて何もしたくない状態になっていました。

そんな中、退職を勧められて「これ以上ここでがんばっても幸せにはなれない」と判断して退職を決めたんです。

川島

その後、新しいお仕事に就くことも検討されましたか?

SHさん

次の仕事を紹介されたりもしました。

でも、何がしたいか分からないままではまた同じように悩むに違いないと思って、しばらく休むことにしました。

環境を変えてもやりたいことは見つけられなかった

川島

その悩みを解決するために、ご自身で何かやっていたことはありますか?

SHさん

何とか状況を変えたいと思って、自己啓発系の本を読んだりセミナーなどに参加していました。

川島

そこで解決につながるものは見つかりましたか?

SHさん

いつも「あなたの目標は何ですか」とか「あなたの本当にやりたいことは何ですか」という部分で挫折していました。

環境を変えれば結果が出せると思ったんですが、「本当にやりたいこと」はいくら考えても分かりませんでした。

やりたいことや目標がある人を羨ましく思い、それがない自分を責めてしまう状態になっていました。

「やりたいこと探しを終わらせる」という言葉が心に響いた

川島

世の中にはS.Hさんのような悩みを抱える人のために多くの手段があると思います。

その中からこのジコリカイプログラムを選ばれた理由を教えていただけますか?

SHさん

退職してからしばらくすると、前職での恐怖心やストレスがだいぶやわらいできました。

それと同時に「何かしなきゃ」という焦りも出てきたんです。

英会話とかいろいろやったんですが、どれも短所を埋めようとするものばかりでした。

それよりも長所を伸ばす方がいいのかなと思って、ストレングスファインダーを受けてみたんです。

川島

ストレングスファインダーの結果をご自身に活かすことはできましたか?

SHさん

受けてはみたものの、それをどう活かせばいいのか全く分かりませんでした(笑)。

それでネットでいろいろと検索していた時に、偶然ジコリカイプログラムに出会ったんです。

川島

その時が初めての出会いだったんですか?

SHさん

いえ、八木さんの『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』は以前にも読んでいたんです。

ただ、その時はまだ仕事もあって、あまりワークをやることはできませんでした。

今回は時間もあるし、「本当にやりたいこと」を見つけてから次の仕事を探しても遅くはないなと思いました。

川島

一番魅力的に感じたことは何でしたか?

SHさん

「やりたいこと探しを終わらせる」という、サイトの言葉はとても私に響きました。

「ここならやりたいことが見つかるかもしれない」という期待を抱きました。

「得意なことで壁を乗り越えていく」と気持ちを新たにできた

川島

実際にジコリカイプログラムを終えてみて、得られたものを教えていただけますか?

SHさん

一番大きかったのは、人生のコンパスとも呼べるような価値観を手に入れたことです。

川島

そのことによって、どんな変化が生まれましたか?

SHさん

判断基準となる軸ができたことで決断しやすくなりました。

たとえ進む方向から外れたとしても、軌道修正しながら進めばいいという自信も生まれましたね。

川島

他にも何かありますか?

SHさん

得意なことが分かりました。

以前は相手の長所や自分の短所にばかり目がいって、自分を変えようと必死になっていたんです。

でも、実際は得意なことが違うだけだって分かりました。

そして得意なことを使える環境にいることが大事だというのは貴重な発見でしたね。

川島

「自分を変えるのではなく、自分を活かす」っていうことですよね。

SHさん

ざっくりとした自分の軸を持って、波に乗っていけばいいと分かったので気持ちが楽になりました。

「得意なことで壁を乗り越えていく」という言葉は自分にとって大切なワードになりそうです。

川島

最初におっしゃっていた「天職」についてはいかがですか?

SHさん

好きなことの意味が分かったことで「天職」という言葉の定義を見直すことができました。

以前はあらかじめ「天職」というものがあって、それを一生やり続けるものだと思っていたんです。

でも好きなことを育てていく中で天職が見つかっていくこと、またそれは変わる可能性があると学べました。

今後はあまり深く考えず、興味があることをいろいろやっていこうと思えるようになりましたね。

今まで知らなかった自分を、たくさん発見できるプログラム

川島

とても大きな変化がいくつもあったわけですが、プログラムで「ここが良かったな」という点を教えてください。

SHさん

ワークを通して自分とかなり深く向き合うことができたことです。

周囲の人へ自分のことを質問するというワークがあって、自分の知らない一面を知ることができて面白かったです。

川島

イベントにもご参加いただきましたが、いかがでしたか?

SHさん

資質トーク会で、自分が当たり前に感じていることが才能なんだと気付くことがありました、

みんなそれぞれ違うっていう当たり前のことを再認識できて、他人との比較は無意味だと理解できました。

川島

担当コーチである私について、良かった点があればぜひ教えてください。

SHさん

私のペースに合わせてもらえましたし、どんな質問にも的確な答えが返ってきたのが良かったです。

毎日の進捗を報告するやりとりの中でも考えがまとまったり、より深くなることがありました。

1人ではこのプログラムを修了させるのは絶対に無理だったと思いますので、本当に感謝しています。

川島

こちらこそ、人生の先輩であるS.Hさんから興味深いお話をたくさん伺えて、逆に勉強になる場面もありました。

ありがとうございます!

自分の活かし方を知りたい人におすすめのプログラム

川島

S.Hさんから見て、このプログラムはどんな方におすすめできますか?

SHさん

まずは何といっても、やりたいことが分からない人や目標を決められない人ですね。

それから自分の短所や他人の長所にとらわれがちな人、自信をなくしている人にもおすすめできます。

川島

S.Hさんは天職探しからも解放されましたよね?

SHさん

そうですね。

天職や情熱を探してもムダだと分かりましたし、自分を変えるのではなく活かし方を考えるようになりました。

生きづらさを感じている人を支えていきたい

川島

最後に、S.Hさんご自身が今後どんなビジョンを実現されていくかを教えてください。

SHさん

生きづらさを感じている人が、自分を大切にして楽しく余裕のある状態になれるお手伝いをしたいと思っています。

川島

何か具体的な行動をされているんですか?

SHさん

今は興味のある潜在意識について学んで、少しずつ情報をアウトプットしていこうとしています。

この先、興味のある部分は変わっていくかもしれません。

でも「価値観」というコンパスと「得意なこと」という武器があるので、迷うことはないという自信があります。

川島

いいですね!

これからもS.Hさんがたくさんの興味を育てて、点と点がつながることを楽しみにしています。

いつも応援していますので、ビジョンの実現に向けて頑張ってください。

SHさん

はい、ありがとうございます!

この記事で解決されたモヤモヤ

  1. # 夢中になれるものってなんだろう?

その他の修了生の声

そろそろやりたいこと探しから
解放されませんか?

よくある質問

以下の2つが基準です。

  1. プログラムで定められている、10STEPそれぞれの合格基準を達成すること
  2. お客様自身が導き出された「やりたいこと」に納得感を持っていること

ありません。いかなる理由でも返金させていただきます。
受講開始から30日以内に担当コーチにお申し出ください。

いいえ。
プログラムが必要だと判断された場合のみ、受講いただくようお願いしております。
担当者からの無理な勧誘は一切行っておりません。