劣等感が薄まり、自分に自信が付きました

杉山裕紀 様 男性

職種:営業

勤務形態:会社員

自己紹介をお願いします。

プーさんです。IT関連の営業をしています。

講座の受講前はどんな課題がありましたか?

今の仕事は違うなと思うことが多く、転職活動を細々とやってはいたんですが、情報収集をするにしても情報が多すぎました。

さらに、志望動機を話していても嘘っぽくなってしまうんですよ。

面接官にも「今の、作ってきたでしょ?」と言われて、このままじゃダメだなと思ったのが、自己理解の講座について調べ始めたのがきっかけでした。

八木:「ジコリカイ」はどうやって見つけてくださったんですか?

ストレングスファインダーを受けていたんですが、解説を読んでもちゃんと理解できないなという課題感はあったので、コーチングなどを調べているときに八木さんのブログを見つけたんです。

数ある講座の中から「ジコリカイ」を選んだ理由は?

求めているものを包括的に提供しているのが「ジコリカイ」でした。

得意なことだけを見つけるというコーチング的なものだと「それだけでは自分に足りない」なと感じていて…

逆に内定を目的にしたプログラムだと、「人生でまた迷ったときにふり出しに戻ってしまう」と思ったんです。

自分の生き方を含めて見直したいと思ったときにぴったりだったのが「ジコリカイ」でした。

自己理解プログラムを終えて

受講してどのような変化がありましたか?

劣等感が前よりだいぶ薄くなりました。

得意なことだけでなく、思考の癖も客観的に見れるプログラムなので、そこが一番変わった部分だと思います。自分に自信がつきました。

八木:今までぼんやりととらえていた自分の強みがくっきり見えた?

そうです。

「ジコリカイ」の良かったところを教えてください

八木:プログラム受講前は自己分析の質問に500問くらい答えたとのことでしたが、それでもはっきりしなかった自分の道が「ジコリカイ」で見えた理由はありますか?

最終的に何を導き出せば良いのか?ということを、500問も解いていくうちに忘れちゃうんですよね(笑) 解くことが目的になってしまうというか…

「ジコリカイ」では似たような感覚にハマりかけてしまいそうになっても、(STEPごとにゴールがはっきりしているので)問いかけのしぼり方が上手く当てはまっていたように感じます。

八木:確かに。ステップ立ててワークを作っているので、必要以上に考えなくていいようになっていますね。

「ジコリカイ」はどんな人におすすめですか?

主観的にものを考える人におすすめです。

人間はそもそも主観的だとは思いますが、全てを自分のフィルターを通して見てしまう人だと、自分の強みや良さ良さが見えにくいと思うので。

ワークを通じて思ったことを言語化しなければいけないのですが、それが自分を客観的に見る訓練になっている。

そこはプログラムを通して鍛えられた部分だなと思っています。

担当コーチ

人生にコンパスを!

八木仁平

強み:起業家のサポート

その他の卒業生の声