自己理解を通して得た言葉の力でやりたいことが動き始めた

皆芳宅雅 様 男性

職種:

勤務形態:会社員

「この仕事のままでいいのか」とモヤモヤ悩み続けていた

「この仕事のままでいいのか」とモヤモヤ悩み続けていた
片田

まず最初に自己紹介をお願いします。

皆芳さん

皆芳と申します。

NPO団体の支援をする会社で働いております。

片田

プログラムを受講する前はどんな悩みを持っていたのですか?

皆芳さん

社会人3年目になるんですが、「この仕事のままでいいのかな」という悩みが新卒1年目からずっとあったんです。

片田

これまでの3年間「この仕事でいいのかな」とモヤモヤしながら働いていたんですね。

 

自分1人で考えているだけでは納得できる答えが見つからなかった

自分1人で考えているだけでは納得できる答えが見つからなかった
片田

そのモヤモヤを解消するためにやっていたことはありますか?

皆芳さん

新卒1年目に自己分析は一応やったんですけど、なかなか終わりも見えずやり方も分からずにふわっと終わってました。

3年ぐらい経ってもう一度自分で振り返りたいなと思って、八木さんの『せかやり』を買って自分でやってみたんです。

片田

社会人1年目の時には結構ご自身で本を読んだり自己分析ツールを受けたりしていたっていう感じだったんですね。

皆芳さん

そこまでガッツリではないですが、やってはいました。

片田

それはあまり解決にはつながらなかったんですか?

皆芳さん

なかなか自分でカッチリ答えが決まるというところまではいけなかったですね。

片田

さっき言われていた、やり方が分からないとか終わりが見えないみたいな感じですか?

皆芳さん

自分1人でずっと考えてて、なかなか進まないっていう感じでしたね。

 

世代が近いからこその親近感と発信内容の信頼感で決めた

世代が近いからこその親近感と発信内容の信頼感で決めた
片田

他にもプログラムが色々ある中で自己理解プログラムを選んでいただいた理由ってどんなところですか?

皆芳さん

まず自己理解ということでは日本で一番なんじゃないかって思ったところからですね(笑)。

 

八木さんは以前から個人ブロガーとして色々やられていたのを実はずっと見ていて、この人すごいなと思っていました。

なるとしさんも1年前くらいから知ってましたし、2人とも同世代だったので親近感と実績で選ばせていただきました。

片田

八木や僕の普段の発信や著書の内容、権威性というところを踏まえてこのプログラムを選んでいただいたんですね。

 

ステップを終えるごとにスッキリ感があって不安が消えていった

ステップを終えるごとにスッキリ感があって不安が消えていった
片田

プログラムを終えてどんな変化がありましたか?

皆芳さん

本当に変化だらけでした(笑)。

 

今まで1人でやってきたんですが、「本当にこのやり方でいいのか?」って不安や疑問がずっと消えなかったんです。

でもプログラムの中ではステップが1つ終わるごとに、スッキリした気持ちで次に進むことができました。

 

受講前と受講後ではこの不安感はかなり大きく変化しましたね。

片田

じゃあ10ステップあれば10回スッキリした気持ちよさがあったっていうことなんですね。

 

プログラムの持つ適度な強制力がやる気にさせてくれた

プログラムの持つ適度な強制力がやる気にさせてくれた
皆芳さん

まずは生活の中でプログラムの優先順位を一番上に上げたっていうことです。

1人で片手間でやるよりも、お金も払ってるからその分「やるぞ」っていう気持ちになれたのは大きかったと思います。

 

あとはなるとしさんから、自分が持っていない新たな視点で質問していただくことでの気づきもありました。

そして自分の中で言語化できてないものを自分なりに言語化しようとする時間も価値があったかなと思います。

片田

やりきれる環境というのはかなり大事な要素だなとあらためて僕も思いました。

 

やっぱり僕や第三者が存在することである程度の強制力って生まれると思うんですよね。

それが皆芳さんにとって良い方向に働いたっていうことなんですね。

皆芳さん

かなり大きかったです。

なるとしさんとのコンサルの予定をカレンダーで見るたびに「今日はこれやらなきゃ」って気持ちになっていました。

 

コーチの的確なサポートが大きな支えになった

コーチの的確なサポートが大きな支えになったv
片田

僕から皆芳さんを客観的に見た質問やアドバイスは効果的でしたか?

皆芳さん

かなりありがたかったです。

自分ではなかなか考えがまとまらなかった時にアドバイスをいただけて、それを参考にできたのは大きかったですね。

片田

僕に対してどうにか伝えようとして言語化する過程もプラスに働いていましたか?

皆芳さん

そうですね。頭の片隅にあるものをちゃんと引っ張り出して、見つめ直すっていう感じがありました。

片田

重要度はめっちゃ高いけど緊急性は結構低くて、でもずっと頭の片隅にいるものってありましたよね。

それを一緒にきちんと言葉にしていくということをたくさんやりましたね。

 

気楽に何でも質問できる環境が用意されていた

気楽に何でも質問できる環境が用意されていた
片田

サポートさせていただいた僕の人柄的な部分で、これは良かったなというポイントってありますか?

皆芳さん

緊張せずに気楽にできる環境を作ってくださったのは本当にありがたかったですね。

 

僕はLINEひとつ送るにしても「こういうこと聞かない方がいいかな」とか、すごく考えちゃうタイプなんです。

でもなるとしさんは「もう分かんないです!」みたいなメールにも気軽に教えてくださるので、本当に助かりました。

片田

嬉しいです!良い意味でのハードルの低さが僕にあったっていうことですね。

皆芳さん

そうですね。良い意味で(笑)。

片田

「何言っても大丈夫かな感」はあるんだろうなって自分でも思います(笑)。

相談しやすい環境が作れていたなら本当に嬉しいです。

 

早めの自己投資で人生の不安や疑問を解消できます

早めの自己投資で人生の不安や疑問を解消できます
片田

皆芳さんから見て、このプログラムはどんな方におすすめできますか?

皆芳さん

僕と同じような若手で、今の暮らしにぼんやりした不安や疑問を持っている方ですね。

今のうちに自己投資しておくと長い間効果があると思うので、早めに受講することをおすすめします。

 

あとは実家でプログラムの話を父や母にしたんですが、興味があるみたいでした。

片田

皆芳さんのお母さんお父さん世代の方でも、かなりご興味を持っていただけてるって感じなんですね。

 

人生100年時代って言われる中で、仮に50歳だったとしてもまだ半分の折り返し地点ですもんね。

そこからでも自分自身を見直すということはすごく価値があることだと思います。

皆芳さん

そうですね。

片田

最初に言ってくださった働き始めて2〜3年で感じる違和感って、放置しているとだんだん薄れちゃうんですよね。

これが当たり前なのかなって思っちゃうので、そうなる前に自己理解するのってすごく大事だと思います。

 

年代問わず自分にしっかり向き合いたい、やりたいことで生きていきたいっていう思いはやっぱり必要ですよね。

僕もそんな熱い意志がある方におすすめしたいと思います。

 

自己理解によって相手に響く言葉の力が身についた

自己理解によって相手に響く言葉の力が身についた
片田

最後に、今後どんなやりたいことを実現されていくのか教えていただいてもよろしいでしょうか?

皆芳さん

人材開発に関わることによって個人で稼げるようになりたいと思っています。

それに向けて今、個人で企業さんをサポートする活動をしています。

片田

もうすでに人材開発の分野で仕事を受注されたっていう話を聞いたんですけど、話せる範囲で聞いてもいいですか?

皆芳さん

今までお付き合いのあった社長さんとお話しする中で「ちょっと試してみなよ」と言っていただけたんです。

経験なんて全くないんですけど「いっぱい勉強していっぱいやります」っていう感じで委託していただけました。

片田

元々つながりのあった方に、このプログラムを通して自分の熱意や想いを伝えられたんですね。

 

自己理解をすると「自分のやりたいことはこれです」って自信を持って話せるようになりますよね。

その言葉の力って、自信がない人と比べて全然響きが違ってくると思います。

 

その力が仕事につながったんだろうなって思って、僕は嬉しくなっていました。

皆芳さん

まさしくそれでしたね。

 

今までは色々やりたいと言いつつも仕事を請け負うまでの責任を持とうっていう意識ではなかったんです。

それが今では人材開発でいこうって決めて話ができたので、そういう言葉の力があったんだと思います。

片田

人材開発を通してどんな世界や価値を提供していきたいのですか?

皆芳さん

自分の力を発揮できる方が増えれば、仕事を通したアウトプットもワクワクしたものになると思うんです。

そうやって、ワクワクできるサービスがあふれる健やかな世界をつくっていければと思っています。

片田

引き続き猛烈に応援してるので、お互い楽しんでワクワクしながら頑張っていきましょう!

皆芳さん

はい、ありがとうございます!

▼皆芳様 活動実績
Twitter
https://mobile.twitter.com/takumaHR

note
https://note.com/takuma_0215

担当コーチ

毎日に生きやすさを。

片田なるとし

強み:欠点が気になる人のサポート

その他の卒業生の声