価値観が明確になり、転職活動にも成功!

K 様 女性

職種:その他

勤務形態:会社員

転職願望はあったけど、自分が何をしたいのか分からなかった

八木

いきなりですが、転職活動の成功おめでとうございます!

Kさん

ありがとうございます!

八木

今はどんな仕事をされていて、次はどんな仕事をされるのか教えていただけますか?

Kさん

現在は委託給食会社の栄養士として病院に勤めています。

次の転職先は女性専用のトレーニングジムで、パーソナルトレーナー兼エステティシャンとして働きます。

八木

未経験の業界に転職されるんですよね?

Kさん

はい、そうです。

八木

プログラム受講される前、Kさんにはどういう悩みがありましたか?

Kさん

就職して3年経つんですが、自分が何をしたいのか分からなくなっていました。

八木

就職されて3年間「転職したいな」と思いつつ、でも何をしたいのかが分からないっていう状態だったんですね。

 

独学の自己理解で出てくる答えは曖昧で納得できなかった

八木

その悩みを解決されるためにやっていたことはありましたか?

Kさん

ネットの適職診断や適性診断を受けてみたりしていました。

あとは周りの人に「私ってどんな仕事が向いてそう?」って質問をして、自分はどういう人間なのかを探っていました。

八木

適職診断のところを聞きたいんですけど、適職診断ではどういう結果が得られたんですか?

Kさん

看護師や幼稚園の先生・保育士などの人の役に立つ仕事が向いているという結果でした。

また「定時で帰れる仕事がいいでしょう」なんて、すごくザックリした感じの答えもありました(笑)。

八木

周りの人に聞いたりもされていたっていうことでしたが、そこではどういう回答がありましたか?

Kさん

「人当たりがいいから接客業すれば」とか「明るいんだから人前に出る仕事をすればいいじゃん」っていう感じでした。

もう、見た目と雰囲気だけで言われてた感じだったんですよね(笑)。

八木

なるほど(笑)。

もっとピンポイントに「あなたはこの仕事をやっていきなさい」みたいな答えが欲しかったんですね。

Kさん

そうですね。ハッキリとした答えが欲しかったんです。

 

他人から提供されるものではない、確固たる答えを求めていた

八木

そんなふうに模索されていた中で、何をきっかけにこのプログラムを見つけていただいたんですか?

Kさん

『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』という本の中でプログラムのことを知ったことが参加のきっかけです。

八木

転職をサポートするようなセミナーではなく、自己理解プログラムを選んでいただいた理由はありますか?

Kさん

エージェントやサポートも受けていたんですが、自分の興味のない業界ばかりを紹介されていたんです。

だから、まずは自己分析をしっかりしようと考え直してプログラムを受講しました。

八木

適職診断を受けたり、周りの人やエージェントの意見を聞くことはしていたんですよね。

でもそれって他人から提供される答えであって、自分のやりたいこととは別だなっていう感じだったんですか?

Kさん

そうですね。

八木

では、自己理解プログラムには「この道を進むんだ」っていうハッキリした答えを期待していたんですね。

Kさん

まさにそういう期待感は持っていました。

 

価値観・得意なこと・好きなことが明確になって、モヤモヤが解消した

八木

実際に3ヶ月のプログラムを終えられて、どんな変化がありましたか?

Kさん

3ヶ月前と比べると自分のやりたいことがハッキリと決められました。

「自分はこれからこれをやっていくぞ」っていう答えが分かったので、以前のモヤモヤも解消しました。

八木

考えがハッキリした結果、感じているメリットってありますか?

Kさん

価値観・得意なこと・好きなことを体系立て考えられるようになったので、転職先が見つけやすくなりました。

八木

これまでは、転職先を価値観で絞るということは考えていなかったんですか?

Kさん

確かに、プログラムを受ける前はその発想はありませんでした。

八木

ではプログラムを受講後、どんな価値観でどのように絞っていったんですか?

Kさん

質問に答える中で見つけた、得意なことや好きなことを掛け合わせて絞り込みました。

八木

Kさんの進みたい業界であったダイエット系の仕事って、求人を見始めたら無限にありそうな気がするんですよね。

それを価値観で絞ると一気に自分のやりたい仕事にフォーカスできたんじゃないですか?

Kさん

そうですね。そんな感じでした。

 

自分軸が確立したことで、自信を持って転職活動に臨めた

八木

その結果転職も上手くいったということで、それに関して詳しく聞かせてください。

何社ぐらい受けられたんですか?

Kさん

3社受けて1社合格という結果でした。

八木

未経験の業界って結構ハードル高めかなって思うんですけど、エントリーシートや面接に臨んでみてどうでしたか?

Kさん

自己理解プログラムを受講して自分軸がしっかりしたので、自信を持って臨めました。

以前は自分軸が分からない状態だったので、ハッキリと伝えることができていなかったんです。

八木

自分が納得してないことを他人に納得させられるわけないですもんね。

自信を持って臨んだ結果、面接官から何かフィードバックってあったんですか?

Kさん

ありました。

自分の今までの経験を伝える時に自信を持って得意なことを伝えることができました。

 

すると「以前の仕事はすごく頑張っていたんだね」という感じで受け止めてもらえました。

八木

自己分析を深める前もいくつか転職エージェント経由で面接を受けられてましたよね。

その時は自分の言ってることもボンヤリしてたんですか?

Kさん

以前は自分が「ここを受けたい」っていう気持ちがあまりなかったんですよね。

 

人に勧められたから受けたっていう程度だったので、相手にもモヤモヤした状態が伝わっていたんだと思います。

他人軸はダメなんだなって、改めて思いました。

 

他者からのフィードバックによって、自分の答えが確信に変わった

八木

Kさんにとってすごく良い変化が起きたんだなって感じました。

そういう変化のきっかけになった、プログラムの中で良かった点があれば教えてください。

Kさん

分からない質問があった時にすぐにアドバイスをいただけて、また考え直すということを繰り返せたことです。

八木

他人からの目線のフィードバックもないと深め切れないですよね。

Kさん

これまでは自分の答えが合っているのか、あんまり自分を信用できなかったんですよね。

 

自己理解プログラムでは、資質セミナーやQ&Aセミナーで他の受講者の声も聞くこともできました。

それによって「自分の答えはこれで合ってたんだな」って確認できたのがとても大きかったです。

八木

僕も1人では「こんな浅い答えでいいのかな」って思っちゃったりして、なかなかやり切れなかったんですよね。

Kさん

本当にそうなんですよ(笑)。

 

就職前、就職後を問わず仕事に悩んでいる人にオススメします

八木

Kさんから見て、プログラムってどんな方にオススメですか?

Kさん

やっぱり私みたいに仕事に悩んでる人や、就職活動でやりたいことが分からない人にオススメします。

八木

理想を抱いて就職したけど「あれ、なんか違うぞ」って感じることってすごく多いと思うんです。

そういう方って1回働いた経験があるからこそ、自己分析がより具体的で実践的になるんですよね。

 

技術を身につけ、より多くの女性にキレイを提供していきます

八木

最後に、Kさんが今後どんなビジョンを実現されていくのか教えてください。

Kさん

今後はより多くの女性をキレイできる技術を身につけて、いずれは一番売れる店員になりたいなって思ってます。

八木

いいですね!3ヶ月前にお会いした時より、今の方がずっと輝いてる感じが画面越しに伝わってきます。

めちゃくちゃエネルギーを持ってお仕事されていくんだろうなって感じているので、これからも応援しています!

Kさん

本当に嬉しいです。ありがとうございます!

担当コーチ

人生にコンパスを!

八木仁平

強み:起業家のサポート

その他の卒業生の声