自分の個性を認めることで人生のコンパスが手に入った

銭 様 男性

職種:コンサルタント

勤務形態:

やりたいことが分からず劣等感を抱いていた

やりたいことが分からず劣等感を抱いていた
八木

まず最初に自己紹介をお願いします。

銭さん

外資系のコンサルティングファームでコンサルタントとして働いていましたが、現在は休職しています。

八木

休職中にプログラムを受けていただいたんですよね?

銭さん

そうですね。

八木

プログラムを受講する前ってどんな状況だったんですか?

銭さん

「自分の人生で何がしたいんだろう」「どうなりたいんだろう」と常に悩んでいました。

 

そういう状態で就職活動をしたので「何のためにこの仕事してるんだろう」って全然仕事に興味を持てませんでした。

優秀な同期と比べて「自分は何てダメなんだろう」と、うつ状態になってしまっていたんです。

八木

「やりたいことが分からない」っていう悩みはいつ頃から持っていたんですか?

銭さん

高校生ぐらいからですかね。

大学もどんな学部がいいのか全然分からなくて、やりたいことが分からないままずっと過ごしてたっていう感じです。

八木

実際にこのプログラムを受けた後に「こうなったらいいな」っていう理想像はありましたか?

銭さん

やりたいことを見つけて、人生の目的を自信を持って言えるようになりたいなって思ってました。

 

とりあえず行動はしてみたけど、迷走しまくっていた

とりあえず行動はしてみたけど、迷走しまくっていた
八木

その悩みを解決するために、プログラムを受講する前に何かやっていたことってありましたか?

銭さん

「何か行動しなきゃいけない」「やってみなきゃ分からない」って感じて焦っていました。

それで「とりあえず留学したら価値観や人生観が変わるんじゃないか」と思ってやってみたりしましたね。

 

あとはネットや本で「やりたいことを見つける方法」をいつも検索したり、そんな風に過ごしていました。

八木

なるほど…。

銭さん

会社で落ちこぼれていたこともあって、「自分は社会不適合者なんだ」って感じていました。

だから独立しようとしてアフィリエイトのコンサルに大金を払っちゃったり、そういう血迷った行動もしてましたね。

八木

結構な勢いで迷走していたんですね。

銭さん

めちゃめちゃ迷走してましたね(笑)。

八木

確かに、やりたいことを見つけようとして片っ端から興味のあることをやってみようとする方って多いですよね。

留学とかアクティブなチャレンジをやってみても、「これだ!」っていうものは見つからなかった状態だったんですか?

銭さん

「これだ!」っていう感覚は特になかったんです。

「これが好きかも」と思ってもそれを仕事にするには不安もあって、やりたいことを決めることはできませんでした。

八木

これをやりたいと思っても、現実の生活を考えたりすると頭の中が混乱することってありますよね。

実際、お金を稼ぐだけの目的でプログラミングやブログやアフィリエイトをやる人もいます。

 

でも全然幸せじゃなかったり、これを一生続けるのはしんどいなって感じたりする人って多いと思うんですよね。

 

「すごいプログラムに出会った」という衝撃があった

「すごいプログラムに出会った」という衝撃があった
八木

色々な選択肢がある中からこのプログラムを選ばれた、決め手やポイントを教えていただけますか?

銭さん

八木さんが「やりたいこと」は価値観・好きなこと・得意なことの3つが重なる部分だと明確に定義していたからです。

「これはすごいものに出会ってしまった」っていう衝撃を受けたんです。

 

それがなぜ大事なのかっていうことも論理的に体系立てて説明されていたので、すごく納得感がありました。

当時「自分はダメだ」っていう気持ちもあって、本当に藁にもすがる思いでプログラムの受講を決めたという感じです。

八木

確かに、最初にお話しした時はかなり自信喪失されてるような印象がありましたね。

 

自己理解を通して自分を肯定できるようになり、行動指針も手に入った

自己理解を通して自分を肯定できるようになり、行動指針も手に入った
八木

銭さんはめちゃくちゃ早く進められたのでプログラムを1ヶ月半くらいで終えられましたよね。

この1ヶ月半で受講前と比べてどんな変化がありましたか?

銭さん

完全にうつ状態から抜け出せたっていうわけではないんですけど、確かな変化はありました。

それまでは「人生は競争だ」「勝ち組・負け組がある」みたいな考え方で生きてたんです。

八木

めっちゃ分かります!僕も自己理解する前はそんな感じでしたよ(笑)。

銭さん

有名人やすごいと言われている人にだって弱みやダメな部分があることが分かりました。

 

逆にくすぶってる人でも自分のポテンシャルを発揮できる環境なら力を発揮できると考えられるようになったんです。

それぞれがその人にしかない個性や素晴らしい力を持っているという風に捉えられるようになりましたね。

八木

いいですね!それは銭さん自身に対してもそう考えられるようになったっていうことですか?

銭さん

そうですね。自己理解を通して、得意なことを活かしたらもっと自分は輝けるんじゃないかと思えるようになりました。

 

完璧な人間はいないんだから、弱さがある自分のことも1人の人間として認めてあげようという気持ちになっています。

それによって他人と比べたり自分を責めることが徐々に少なくなってきました。

八木

素晴らしいですね。みんな1人1人違うことを認められて他人に対する判断も減ったっていうことなんですね。

他にも何かありますか?

銭さん

自己理解プログラムのロゴにあるように、自分の中にコンパスができて日々何をすればいいかがより明確になりました。

昔は毎日何をするか考えるのも億劫だったんですけど、今では日々の行動に迷いがありません。

八木

めちゃくちゃいいですね!

 

やりたいことは自分の内側に眠っていた

やりたいことは自分の内側に眠っていた
八木

銭さんの見つけたやりたいことやコンパスは、受講前に想像してたようなものでしたか?それとも意外なものでしたか?

銭さん

結構想像していたものに近いような気がしますね。

 

プログラムを受ける前は自分のエネルギーをどこに注力していいか分からない状態だったんです。

コンパスを見つけたことで今はそれをどこに注力すればいいか分かるようになりました。

 

これって、受ける前に抱いていた自分の理想の状態に近いものを手に入れられているのかなって思うんです。

八木

見つけた中身に関してはどうでしょうか?

「自分に内側にあったんだ」っていう感じですか?それとも「新しいものを見つけた」っていう感じですか?

銭さん

どちらかというと「自分に内側にあったんだ」っていう感覚の方が近いような気がします。

八木

内側にあったけどこれまではなかなか自分で気づけなかったものを掘り起こしたっていう感覚ですか?

銭さん

そうだと思いますね。

八木

1ヶ月半でプログラム10ステップを終了されたわけですが、1日どれくらいの時間をかけられてたんですか?

銭さん

日によってまちまちでしたね。

1週間ぐらい何もしなかった時期があったり、1日7〜8時間ずっとやってるみたいな日もありました。

 

単なるやりたいこと探しで終わらない、具体的なプログラム内容

単なるやりたいこと探しで終わらない、具体的なプログラム内容
八木

お聞きしたような変化を起こすきっかけとなったものは何だったんでしょうか?

具体的にプログラムで良かった点があればぜひ教えてください。

銭さん

「なぜ自己理解する必要があるのか」から始まって、体系立てられた内容で常に納得感を持って進められたことです。

コンサルやワークによって、独学では陥りがちな思考の罠や先入観を解きほぐしてくれたことも良かったと思います。

八木

自己理解って自分と向き合うことなので1人でもできるものだと思うんです。

それでもわざわざお金を払ってプログラムを受ける価値はありましたか?

銭さん

あったと思います。

 

八木さんが出版されている「『やりたいこと』の見つけ方」を読んでワークをやってみたこともありました。

でもそれが本当に合っているのか、本当にやりたいこととして定めちゃっていいのかなっていう不安もあったんです。

 

プログラムを受け終わって本当にやりたいことが見つかって不安も払拭されたので、すごく価値があったと感じてます。

八木

体系立てられた講座という点、フィードバックが得られるという点が良かったんですね。

銭さん

もう1つは、やりたいことを見つけて終わりじゃなかったという点です。

それを実際にどう仕事に結びつけて実現させていくかっていう手段まで一緒に考えてくれるのも良いなと思いました。

八木

銭さんと僕はやっていきたい事業の形や方向性も近いので、そこは具体的なアドバイスができたかもしれませんね。

やっぱり僕は経験上、独立や起業したい方へのアドバイスは得意なのでそこは相性が良かったのかなと思いました。

銭さん

ラッキーでした(笑)。

 

夢中になりたいという思いを持っている人におすすめのプログラム

夢中になりたいという思いを持っている人におすすめのプログラム
八木

銭さんから見て、このプログラムってどんな方におすすめですか?

銭さん

やりたいことを定めて夢中になりたい、何かに熱中したいっていう価値観を持ってる人には特におすすめできます。

逆に、現状に満足してるけど何かやりたいことを見つけたいっていう程度の人には向いてないかもしれないですね。

八木

確かにそうかも(笑)。

銭さん

夢中になりたいっていうことが大前提としてあって、その上で注意したほうがいいなと思うことが2つあります。

八木

それをぜひ聞かせてください。

銭さん

1点目が「自分に嘘をつかずに深く自分と向き合えるか」ということです。

自分の弱さも含めてちゃんと自分を認めて、ありのままを直視できる人の方がいいと思います。

 

八木さんは自己理解を「海の中に埋まっている氷山を持ち上げて見つけてあげる」って例えられますよね。

氷山の持ち上げ方や見方は教えてもらえても、実際にやるのは自分自身だと分かっていることは大事だと思います。

八木

そうですね。向き合うのって大変だし体力を使いますから。

そこには覚悟というか「向き合うぞ」っていう思いは必要ですよね。

銭さん

もう1点が「このプログラムを受講すれば人生が180度変わる、成功者になれる」と思わないことです。

 

あくまでもこの自己理解プログラムは自分が目指したい山を決める作業だと思うんです。

でもその山の頂上に登るためには自分で頑張っていかなきゃいけないですよね。

 

プログラムを受ければすぐに頂上に登れるって思ってしまうと、理想と現実のギャップに苦しんでしまう気がします。

八木

確かに自己理解は「やりたいことが見つかれば全て上手くいく」っていうもんじゃないですからね。

 

どちらかというと「やりたいことを見つけるのが第2の人生のスタート」と考えた方が良いと思います。

ステップ10まで行けばゴールではあるんですけど、ここが次のスタートっていう意味でもありますからね。

 

そういう意味ではまさに銭さんは今スタートラインに立たれているところだと思います。

 

物質と精神の調和がとれた世界の実現を目指します

物質と精神の調和がとれた世界の実現を目指します
八木

最後に、銭さんが今後どんな山を登っていこうとされてるのか教えていただいてもいいでしょうか?

銭さん

人間にとって健全な精神と健康的な肉体が幸せになるための最も大切な資産だと思うんですね。

ただ、今の社会は物質に偏りすぎてそれを体現できていないじゃないですか。

 

産業も発展して便利になったにもかかわらず環境汚染や精神疾患患者の増加っていう問題も起きています。

便利さと同時に精神的な健康や安らぎも維持できる、物質と精神が調和した世界を作っていきたいと思っています。

八木

コンサルの中でも「物質と精神の調和」というキーワードが出てきましたよね。

そのために銭さんは今後独立を目指して行動していかれるイメージですよね。

銭さん

そうですね。

八木

そのビジョンを実現できるまでのステップを7つぐらいに分解して送ってくださいましたよね。

それを読んで、銭さんの目にはその階段が見えてるんだな、銭さんすごいなって思ったんです。

銭さん

その階段が正しいかどうかは、また八木さんに色々を相談しながら進めていくことになると思います(笑)。

八木

はい、ぜひ!(笑)

それから銭さんのブログって文章がとても上手くて才能を活かしているなって思います。

これを読んでくださっている皆さんにもおすすめしますので、ぜひ読んでみてください。

 

今後もやりたいことの実現に向けてめちゃくちゃ応援しているので頑張ってください!

銭さん

ありがとうございます!

▼銭様活動実績
https://kuntatsu.net/

担当コーチ

人生にコンパスを!

八木仁平

強み:起業家のサポート

その他の卒業生の声