価値観が明確になったことで、やりたいことに熱中できるようになった

40代になり、このまま何となく生きていくのが不安になってしまった

大淵

まず最初に自己紹介をお願いします。

MKさん

現在40歳です。

接客業や不動産業界での事務を経て、今はコールセンターでお客様からのご要望やご意見を伺う業務をしています。

大淵

ジコリカイプログラムを受講する前はどんな悩みがあったんですか?

MKさん

40代に入ったこともあって、今までの人生を振り返ってみたんです。

これまでは周囲の顔色を窺い、自分の意見ではなく世間一般が正しいと思う行動や発言に沿った行動していました。

本当の自分はどうしたいのか、どう過ごしていきたいのか、何をして生きていきたいのかが分からなくなったんです。

大淵

なるほど、過去を振り返ることによって将来が不安になってしまったわけですね。

MKさん

そうなんです。このまま何となく生きていくのが怖くて、不安になっていました。

悩みを解決できない自分を責めていた

大淵

その悩みを解決するために、ご自身で何かやっていたことはありますか?

MKさん

自己啓発本を読んだり動画を観て、良さそうなものは手あたり次第に実践しようとしてみました。

大淵

そこで悩みを解消することはできなかったのでしょうか?

MKさん

あれこれやろうとして何も手につかず、できない自分を責めるような状態になっていたんです。

成功している人の体験を聞いても「その人だからできたことで私とは違うんだ」と自信をなくしていました。

大淵

そんな中でジコリカイプログラムに出会われたキッカケは何だったのでしょうか?

MKさん

『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』を紹介している動画を観たことです。

実際に本を購入してワークも実践してみました。

自分の出した答えが合っているのか何度も読み返してみたんですが、完全に納得感を得ることはできませんでした。

そうやって行き詰まりそうな時に、ジコリカイプログラムの存在を知ったんです。

大淵

そこでプログラムの受講を決心されたわけですね。

その決め手になったものは何だったのか教えていただけますか?

MKさん

コーチに直接サポートしてもらいながら進めていけるところが最大の魅力でした。

また、自分とじっくり向き合える仕組みが整っていることにも惹かれました。

「三日坊主な私でもできるかもしれない、自分の人生を変えることができる最大のチャンスだ」と感じたんです。

自分の変化が周囲も巻き込んで、笑顔が増えた

大淵

実際にジコリカイプログラムを終えてみて、どんな内面の変化が得られましたか?

MKさん

自分と徹底的に向き合うことで、自分が大切にしていきたい価値観を見つけることができました。

しっかりした自分の軸を見つけたことによって迷いがなくなり、今後どう生きていきたいかが明確になりました。

大淵

ストレングスファインダーについてはいかがでしたか?

MKさん

「こういう風に考えたり、行動するのはこの資質があったからなのか!」と自分を理解することができました。

「できないこと」は「ダメなこと」ではなく「得意でないこと」だと分かり、自分を受け入れることができました。

それと同時に、周囲の意見や考えも受け入れることができるようになりました。

今までこんなに自分のことを好きになったことはありませんでした。

大淵

素晴らしいですね!じゃあ、周りの人の反応も変わってきましたか?

MKさん

はい、変わりました。

これまでは、自分がどう思われるかを気にしすぎて当たり障りのない会話をしていました。

でも今は「最近、会話が面白いね」と言われるようになっています。

周囲の雰囲気も柔らかくなって、笑顔が増えた気がします。

大淵

すごい!周りの人も巻き込んだ変化が起きたわけですね。

ストレングスファインダーのところで得意なことの話が出てきましたが、もう少し聞かせてください。

MKさん

これまでは自分の苦手を克服しようとしても、できなくて苦しくなる負のループにはまっていました。

でもプログラムを通して「できないことはそれでいい」と思えるようになったんです。

それよりも「得意を伸ばすことに注目する」ということに気づいたのは大きな発見でした。

コーチの客観的な視点からの意見によって、心の底から納得できる答えが見つかった

大淵

本当に大きな変化があったわけですが、それをもたらしたプログラムで良かった点を教えてください。

MKさん

分からないことがあっても、いつでも質問ができたことですね。

私は自己肯定感が低かったせいで、質問にうまく答えられないと前へ進めないことがありました。

そんな時に客観的な視点から意見をもらえる環境がとても良かったです。

大淵

ジコリカイプログラムの特色である、担当コーチのサポートがとてもお役に立てたんですね。

他にもありますか?

MKさん

過去を丁寧に振り返ることで、今まで気づかなかった好きなこと・得意なこと・大事なことが分かりました。

それによって、自分が本当にやりたいことを見つけることができて感動しました。

それは憧れやイメージとか周囲の意見に流されたものではない、心の底から納得できるものだと感じています。

大淵

担当コーチについてはいかがでしたか?良かった点をぜひ教えてください。

MKさん

私の質問や意見、価値観を否定せずに全て受け入れてくれたことです。

受講前には「自分の正直な考えや感じたことを伝えて、否定されたらどうしよう」という不安がありました。

でもそれは一瞬で消え去って、二人三脚で前へ進むことができました。

大淵

二人三脚という感覚は、私も含めてコーチが常に意識しているところなので良かったです!

MKさん

コーチの言葉で、今でもすごく覚えているものがあります。

「本当にこうなりたいと思いますか?この出来事には感動しますが、こうなりたいとは思わないです」というものです。

「感動=自分もなりたい姿」ではないと気づいた、この言葉は本当に大きかったです。

憧れなのか、自分もそうなりたいのかを考えるキーポイントになりました。

大淵

確かに、私もこのやり取りはすごく印象に残っています。

「感動」というエモーショナルなものに流されずに、冷静に判断してほしいなと思って出た言葉ですね。

MKさん

また、向き合う時間が取れないこともありましたが、責めずに配慮してくださったことも大変ありがたいことでした。

できない自分を責めることが多かった私ですが、「明日もがんばろう!」と思えました。

自分を理解し自信を持ちたい方におすすめのプログラム

大淵

MKさんから見て、このプログラムはどんな方におすすめできますか?

MKさん

自分に自信がなくて、これからどう生きていきたいのか不安な方にぜひおすすめしたいです。

大淵

まさにかつてのMKさんのような方におすすめというわけですね。

MKさん

はい、本当にそう思います。

自己理解をすることで本来の自分を理解し、受け入れることができるようになります。

「これが自分だ!」と自信を持つことができるようになるので、ぜひチャレンジしてほしいです!

個性を尊重して認め合える社会をつくりたい

大淵

では最後に、MKさん自身が今後どんなビジョンを実現されていくかを教えてください。

MKさん

私のビジョンは、個性を尊重して認め合い「自信」と「愛」の溢れる世界をつくることです。

大淵

いいですね!MKさんらしさがめちゃくちゃ伝わってきます。

具体的にはどんなことをしようと考えているんですか?

MKさん

話し方や自己理解を使って、自己肯定感を上げて問題解決できるサポートをしようと考えています。

誰もが自信を持って前へ踏み出せるようになって欲しいと思っています。

そして、私自身は転職に向けた準備を進めているところです。

大淵

ご自身も新しい環境に飛び込んでいこうとされているわけですね。

これからも応援していますので、ぜひ一緒に頑張っていきましょう!

MKさん

はい、ありがとうございます!

この記事で解決されたモヤモヤ

  1. # 自分らしく生きるには?

その他の修了生の声

そろそろやりたいこと探しから
解放されませんか?

よくある質問

以下の2つが基準です。

  1. プログラムで定められている、10STEPそれぞれの合格基準を達成すること
  2. お客様自身が導き出された「やりたいこと」に納得感を持っていること

ありません。いかなる理由でも返金させていただきます。
受講開始から30日以内に担当コーチにお申し出ください。

いいえ。
プログラムが必要だと判断された場合のみ、受講いただくようお願いしております。
担当者からの無理な勧誘は一切行っておりません。