自分の行動や感情の根拠が見つかって、スッキリとした気持ちで生きられるようになった

仕事に対するモヤモヤを抱えながらも、飛び出す勇気と覚悟がなかった

八木

まず最初に自己紹介をお願いします。

河合さん

河合と申します。

現在は研究開発の仕事をベンチャー企業でしております。

八木

1年前にジコリカイプログラムを受講された時は別の会社に勤務されていましたよね。

今は転職されたっていうことなんですね。

河合さん

はい、そうです。

八木

ジコリカイプログラムを受講する前って、どんな悩みがあったんでしょうか?

河合さん

新卒で大手企業の事務系総合職に就職したんですが、研究開発の仕事に携わりたいっていう心残りがありました。

「自分の居場所はここじゃないのかな?」っていうモヤモヤ感や焦燥感を抱えていたんです。

ただ、大きい会社にいたので辞めるには相当な勇気と覚悟が必要でした。

自信を持って言えるやりたいこともなく、色々なことに興味がありすぎて一番大事なものが分からなかったんです。

八木

世間から見れば、河合さんがいた会社ってすごく良い会社だと思います。

ただ河合さん自身は「何か違う」と感じながらも「次にこれをしたい」という確固たるものもなかったわけですね。

様々なセミナーにも参加してみたが納得感は得られなかった

八木

その悩みを解決するためにやっていたことがあれば教えていただけますか?

河合さん

転職アドバイザーさんや大学の先輩の話を聞いたり、自己分析セミナーにも行ってみました。

あとは自己啓発本も読んだりしながら、自分の中で「これだ」と思えるものとの出会いを探していた状態です。

八木

色々やられていたんですね。

河合さん

手当り次第やっていた感じです(笑)。

八木

転職アドバイザーっていうことは、転職エージェントに行っていたわけですよね。

そこでのアドバイスで覚えているものありますか?

河合さん

IT・生物・薬品・食品など、とにかく色んなものに興味がありすぎたんです。

だからそれを全部ぶつけたら「そんなの全部できる仕事なんてないよ」って言われました(笑)。

八木

「ないよ」って言われて、そこでの相談は終了っていう感じだったんですか?

河合さん

そうですね、担当者を困らせて終わっていました(笑)。

八木

自己分析のセミナーは、どういう内容のものだったんですか?

河合さん

頑張ったことをもとに自分を振り返るという感じだったんですが、それって全部に当てはまることじゃないですよね。

「本当にこれが自分を表していることなのかな?」って、納得しきれずにスッキリしないまま終わっていました。

この本を書いた人なら大丈夫だと思って参加を決めた

八木

ジコリカイプログラムについては、どこで出会われましたか?

河合さん

悩んでいる最中に、Amazonのおすすめ欄に『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』が出てきたんです。

「これって、今ちょうど知りたかったことだ!」と思って、すぐに買ってワークもやってみました。

八木

ワークをやられて、いかがでしたか?

河合さん

やっぱり1人だけだと納得しきれないところがありました。

警戒心が強い性格なので、普段は個人開設のセミナー参加しない方なんです。

でも、今の自分を変えたかったし「まさにこれだ」と思った本を書いた人だから飛び込んでみようって思ったんです。

実際にお話させていただいた時に八木さんの熱意が伝わってきて、自分もワクワク感を持ったので参加を決めました。

八木

最初は「怪しいやつじゃないか?」って、警戒心があったんですね(笑)。

自分でやってみたけど、深くまで理解できている感じがなくて「プログラムを受けてみよう」と思われたんですね。

河合さん

はい、そうです。

自分の得意パターンが分かって「何にでもなれる」という気持ちになった

八木

実際にプログラムを受けてみて、まず修了直後にはどんな変化がありましたか?

河合さん

まず、自分がどういう人間なのかが分かりました。

自分がどうしてこれに興味があるのかを整理してインプットできるようになりました。

あとは、自分はどうしてこういう感情になるのかっていうことも分かってスッキリしました。

八木

自分の感情の根拠が分かって、日々の行動に納得感が生まれたんですね。

河合さん

はい、そうです。

八木

それから1年経ってみて、今の生活や心情にはどんな変化がありますか?

河合さん

これまでは何かに失敗すると感情的に「ああ失敗した」と落ち込んで、場当たり的な行動をしていました。

プログラムの受講後は「自分の苦手なパターンを使ったから失敗しちゃったんだな」と客観的に分析できます。

それを得意なパターンに近づけていこうという、改善に向けた行動が取れるようになりました。

あとは、自分の得意パターンが分かったことで「何にでもなれるな」っていう妙な自信がつきましたね(笑)。

思い込みを解消したことで転職も上手くいった

八木

最初は「今の仕事は嫌だけど転職するのもどうかな」って思っているところがありましたよね。

今振り返ってみて、それでも転職できたのはどうしてだと思われますか?

河合さん

やっぱり「自分の力って何にでも使えるな」っていう自信が持てたことが一番大きかったと思います。

八木

当時感じていた「周りの目」は突破できましたか?

河合さん

はい、無理矢理突破しました(笑)。

ワークの中で自分の思い込みを解消することができました。

あとは、周囲に相談することが自分にとっての勝ちパターンだという気づきもありました。

人に相談できるようになって、自分の知見も広げることができたことが突破に繋がったと思います。

八木

「こうすれば納得して転職できるかも」と考えて行動したら、自分が楽しく働ける職場に転職できたわけですね。

多角的なワークを通して、過去の経験がすべて線としてつながった

八木

大きな変化があったわけですが、その要因になったプログラムの中で良かった点を教えてください。

河合さん

最初の時期に今までの経験を全部書き出すワークがあって、個人的には一番大変でした(笑)。

でも今までのごちゃごちゃしていた自分を一気に書き出して、改めて俯瞰して整理できたんです。

それによって、今までは点でしか見れなかった自分の経験が線になったことが大きかったと思ってます。

八木

受講前は好奇心が強くてあれもこれも興味があるけど、全てがバラバラに存在していた感じでしたよね。

それって、書き出すだけで繋がったんですか?

河合さん

今までは自分の頭の中だけで考えてパンクしていましたが、1度書き出してみたら、それが全部外に出ていったんです。

ストーリーにして繋げるのは得意なことなので、それを1個1個客観的に繋げて整理できました。

八木

他のワークもめちゃくちゃすごい文章量で書かれていましたよね(笑)。

そこまでやり切ったからこそ繋がりが見えて整理されたっていうことですか?

河合さん

そうですね。

多角的な質問だったので、改めて色んな方向から分析して整理できたんだと思います。

やりたいことがありすぎて自分が分からなくなっている人におすすめのプログラム

八木

最後に、河合さんから見てこのプログラムはどのような方におすすめできますか?

河合さん

私みたいに「本当にこれでいいのかな」とモヤモヤしてる人や「こうしたいな」と思っていても動けていない人ですね。

あとは、やりたいことがいっぱいありすぎて自分が分からなくなっている人にもぜひおすすめしたいです。

八木

確かに「好奇心が強くて色々やりたい、だけど体は1つしかない」っていう人には受けていただきたいと思います。

今もどんどん新しいこと学ばれているところだと思うので、ぜひこれからもワクワクを大事に生きていってください。

応援しています!

河合さん

はい、ありがとうございます!

この記事で解決されたモヤモヤ

  1. # 人生の目標ってなんだろう?

その他の修了生の声

そろそろやりたいこと探しから
解放されませんか?

よくある質問

以下の2つが基準です。

  1. プログラムで定められている、10STEPそれぞれの合格基準を達成すること
  2. お客様自身が導き出された「やりたいこと」に納得感を持っていること

ありません。いかなる理由でも返金させていただきます。
受講開始から30日以内に担当コーチにお申し出ください。

いいえ。
プログラムが必要だと判断された場合のみ、受講いただくようお願いしております。
担当者からの無理な勧誘は一切行っておりません。