やりたいことの根拠が明確になって、自分に対してゴーサインを出せるようになった

やりたいことが多すぎて飽和状態になっていた

坂口

まずは自己紹介をお願いします。

濱松さん

濱松真理と申します。

自分の教室を持って、ピアノ講師をしています。

坂口

ジコリカイプログラムを受講される前は、どんな悩みがありましたか?

濱松さん

現在のピアノ講師の仕事は生きがいややりがいを感じています。

もちろん一生続けたいと思っていて、そのことには全く迷いがありません。

でも、その他にもやりたいことがありすぎて頭の中が飽和状態だったんです。

試行錯誤を繰り返したけど、ループにはまっていた

坂口

その悩みを解決されるためにやっていたことはありましたか?

濱松さん

試行錯誤を繰り返してしていました。

脳内にある思考やアイデア、やりたいことを全てリストアップしてみました。

ストレングスファインダーのようなツールで自分の資質や強みを診断したり、本もたくさん読みましたね。

坂口

そういった中で、それまで持っていた悩みが解決や前進しましたか?

濱松さん

その時はアウトプットすることで満足するんですけど、なかなか前に進めずループにはまっていました。

1人での取り組みに限界を感じて受講を決めた

坂口

そんな中でこのプログラムを知っていただいたキッカケを教えていただけますか?

濱松さん

オーディオブックで『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』に出会ったんです。

資料をダウンロードして自分で取り組んでみたんですけれども、限界を感じてしまいました。

坂口

1人でやるのは難しいと思って参加を決めていただいたんですね。

濱松さん

やはり内容がすごく深いので、1人で取り組むのは難しかったです。

自己理解にしっかり取り組めるチャンスだと思って受講を決めました。

自分の感情の原因を探る力が身についた

坂口

プログラムを受講されて、どんな変化がありましたか?

濱松さん

自分のやりたいことは元から持っていたとは思うんです。

ただ、何のためにそれをやるかということが自分の中で明確ではなかったと思います。

やりたいことの根拠がはっきりしたので、自分に対してゴーサインを出せるようになりました。

坂口

濱松さんは最初からすごくアイデア豊富な方なんだなっていう印象がありました。

その整理が進んだのはプログラムのどの辺りで感じられましたか?

濱松さん

自分の価値観と向き合う段階で、自分が何を大事にして何に喜びを感じているのかを深堀りしました。

それによって、価値観とやりたいことがどう繋がっているのかが分かった時に確信が持てました。

坂口

価値観を出したことが思考の整理に大きな影響があったんですね。

他にも何かありましたか?

濱松さん

幸せを感じられる時間が増えて、周りの人にも優しくなれている気がします。

坂口

おお、いいですね!

もう少し詳しく聞かせていただけますか?

濱松さん

「幸せ」にしても「モヤモヤ」にしても自分の感情の原因を探る力がついたと感じています。

どんな感情も一旦スッキリさせて、そこから次に繋げていくことができるようになってきました。

また、自分の資質を知ることで他の人の資質にも目を向けられるようになったなって思います。

坂口

自分の資質を理解したことで、周りの人に対する理解も深まっていったわけですね。

自然体で接してくれたコーチのおかげで理解が深まった

坂口

担当コーチの良かった点があれば、ぜひ教えてください。

濱松さん

気負いがなく、自然体で接してくれたことです。

受講する側が素の自分と向き合える場を作ってくれたなと感じています。

坂口

コーチといっても「教える」ではなく「伴走する」ことに重きを置いていますから、それは嬉しい言葉です(笑)

濱松さん

質問やまとめ方もすごく的確でした。

1人では気づけないところに目を向けさせてくれたり、深堀りを促してくださったことに感謝しています。

やりたいことに確信を持ちたい人におすすめのプログラム

坂口

濱松さんから見て、このプログラムはどんな方におすすめできますか?

濱松さん

もちろん、やりたいことが見つからない人には絶対におすすめしたいです。

私のように、やりたいことがありすぎて行動に移せず迷っている人にも受講してほしいですね。

坂口

ジコリカイプログラムを受講することで、やりたいことに確信が持てるようになるんですね。

濱松さん

そのことを強く実感しています(笑)。

また、やりたいことの規模が大きすぎてどこから取り組んでいいか分からなくなっている人にもぜひおすすめします。

アイデアを形にして、関わる人たちのステージアップに繋げていきたい

坂口

最後に、濱松さん自身が今後どんなやりたいこと実現されていくのかを教えていただけますか?

濱松さん

ざっくり言うと、プロデュースというところに行き着きました。

自分のアイデアを形にすることで周りの人が喜んでくれることが、私にとっての喜びだと分かりました。

ただ喜んでくれるだけじゃなく、関わってくださる方のステップアップに繋がれば満足だなと思っています。

坂口

すでに具体的な目標も立てていらっしゃいますよね?

濱松さん

趣味で携わっているクラシックバレエでは、トウシューズに関する取り組みをしようと考えています。

メーカーの枠を超えて、良いものを1人1人におすすめできるフィッティングハウスを作りたいですね。

あと、私はクリスチャンなので一緒にお祈りをしたり聖書を学べるシェアハウスを作りたいと思っています。

この2つが今の大きな夢です。

坂口

プログラムの後半で濱松さんのワークを見ていると、もうプロジェクトが立ち上がっていましたよね。

トウシューズに関しては、仲間も引き込んで動き始めているということで本当に素晴らしいなと思います。

今後も濱松さんの活動を応援しております!

濱松さん

はい、ありがとうございます!

この記事で解決されたモヤモヤ

  1. # 自分らしく生きるには?

その他の修了生の声

そろそろやりたいこと探しから
解放されませんか?

よくある質問

以下の2つが基準です。

  1. プログラムで定められている、10STEPそれぞれの合格基準を達成すること
  2. お客様自身が導き出された「やりたいこと」に納得感を持っていること

ありません。いかなる理由でも返金させていただきます。
受講開始から30日以内に担当コーチにお申し出ください。

いいえ。
プログラムが必要だと判断された場合のみ、受講いただくようお願いしております。
担当者からの無理な勧誘は一切行っておりません。