環境に流されない自分を手に入れて、未来の可能性がどんどん広がっている

環境を変えたかったが、何をやりたいのかが明確でなかった

石田

早速ですが、自己紹介をお願いいたします。

川口さん

川口と申します。現在20代です。

新卒で入社した会社にずっと勤めていて、主に採用や労務管理など人事全般の仕事をしております。

石田

ジコリカイプログラムを受講する前はどんなお悩みがありましたか?

川口さん

周りの同期が異動や転職で環境を変えている中で「環境を変えなきゃ」っていう焦りを感じていました。

その一方で、「自分って何をやりたいんだろう?」っていうのが明確になっていないことが悩みでした。

石田

その悩みはいつぐらいから感じていたんでしょうか?

川口さん

4年目に入ってすぐぐらいですね。

自力では漠然とした結果しか得られなかった

石田

その悩みを解決するためにご自身で何かやっていたことってありますか?

川口さん

ストレングスファインダーを使ったりして、自己分析を自分なりにやってみました。

あとは自己啓発本を読んでみて「こういう感じなのかな」って漠然と考えていた程度ですね。

書籍の内容が理解しやすく納得感を得られたので受講を決めた

石田

本当に多くの解決手段があると思うんですが、その中でなぜこのジコリカイプログラムを選ばれたかを教えてください。

川口さん

きっかけは八木さんの『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』を読んだことです。

自分の現状に上手くフィットして、理解しやすく納得感を持って読み進められました。

そこで自己理解の重要性に気づいて、プログラムを受講しようと考えたんです。

石田

プログラムの存在を知って、受講の決め手になったのは何でしたか?

川口さん

「考えていても始まらない、悩んでるんだったらまずは行動してみよう」と感じて参加を決めました。

石田

そこでまず一歩を踏み出した、そんな感じなんですね。

自分の現状に対する焦りが消えた

石田

ジコリカイプログラムを卒業されたところで、川口さんの中にどんな変化がありましたか?

川口さん

焦りが消えましたね。

自分のやりたいことに対して、今の環境でそれは本当にできないのかなと冷静に考えることができました。

周りに流されて環境を変えなくても、自分のやりたいことは工夫次第でできることに気づけたのが大きな変化です。

石田

周りが転職したりして、「自分もやらなきゃ」って思い込まされてしまうところがあったんでしょうね。

自分の思考を言語化できたからこそ得られる納得感があった

石田

具体的に、プログラムの中で良かった点を教えていただけますか?

川口さん

自分の過去の経験を抽象化して具体化するというプロセスが良かったですね。

自分の過去の経験が今に繋がっていることに、本当に納得感しかない感じがしました。

もう1人の自分がそばにいて客観的に自分を見ていたような、そんな経験でした。

それから、過去の経験から価値観や自分の特性を自分の言葉としてまとめることができました。

それは今後の軸になっていく部分だと感じていて、それがしっかり残せたことも良かったです。

石田

もともと言語化したり体系立てて考えることは川口さんは得意ですもんね。

ご自身の強みや短所パターンが理解できて、周りの人たちとの接し方も変わりましたか?

川口さん

そうですね、自分の特徴を掛け合わせながら一緒に仕事をする新しい視点を持つことができましたね。

石田

担当コーチの良かった点も、ぜひ教えてください。

川口さん

私の言葉を傾聴したうえで上手くまとめていただいたり、本質的な部分を教えていただけました。

自分でも気づかなかった部分に気づかせてもらったことで、自分の内から出てくるものを上手く言語化できました。

自分の言葉で伝えているからこそ納得感もあって、今でもワークシートを振り返って見ています。

石田

川口さんには無限の可能性があるって感じていたんです。

それなのに「こうしなくちゃ」っていう考え方に囚われているのが本当にもったいないなって思っていました。

だからこそ自分で考えて言語化していくプロセスってすごく大事だなって感じながらサポートさせていただきました。

周りの環境の変化に流されそうな人におすすめのプログラム

石田

川口さんから見て、このプログラムはどんな方におすすめできますか?

川口さん

周りが環境を変えている中で焦っている人って、新卒入社4~5年目の人に結構多いと思うんです。

そういった方には、まず自分を客観視して自分のやりたいことを明確にできるこのプログラムをおすすめします。

石田

今の川口さんって、同僚や後輩のロールモデルになっていくんじゃないかなって私は感じますね。

可能性に気づける社会を実現したい

石田

最後に、川口さん自身が今後どんなやりたいことを実現されていくかを教えてください。

川口さん

可能性に気づける社会を実現していきたいっていうビジョンを持っています。

まずは健康というところで、労働衛生面をもう少しウェイト高くやらせてもらえないか上司に掛け合っています。

キャリアでの不安を抱えている方に対しては、人事をやっているので面談を企画してみようと思っています。

その他にも自分の外見を変えて自信を持つアプローチもあるので、筋トレなどにも取り組みたいですね。

石田

行動や実践をされていることが伝わってきますね。

行動したからこそ見えてくるものもあると思うんですが、どんなものが見えてきましたか?

川口さん

キャリアコンサルタントという目標が見えてきたんですが、それは選択肢の1つなのかなとも思っています。

やりたい軸は決まっているので、どんどん紆余曲折いろいろ試していけたらなと考えています。

石田

ちなみに、一番の相談者って今は誰なんですか?

川口さん

職場の人ですね。

今まであんまり自分の考えをぶつけることができてなかったと自己理解できました。

自分の考えを色んな人に共有して、意見や情報をもらうようにしています。

自分で行動していくことでどんどん広がっていくんだなって実感できています。

石田

職場の上司や仲間が川口さんの支援者になってるような状態なんですね。

川口さん

私はそう感じています(笑)。

石田

すごくいい関係が築けているので、川口さんのビジョンも遠くない未来に実現しそうですね。

これからも応援していますので、頑張ってください!

川口さん

はい、ありがとうございます!

この記事で解決されたモヤモヤ

  1. # 本当にやりたいことってなんだろう?

その他の修了生の声

そろそろやりたいこと探しから
解放されませんか?

よくある質問

以下の2つが基準です。

  1. プログラムで定められている、10STEPそれぞれの合格基準を達成すること
  2. お客様自身が導き出された「やりたいこと」に納得感を持っていること

ありません。いかなる理由でも返金させていただきます。
受講開始から30日以内に担当コーチにお申し出ください。

いいえ。
プログラムが必要だと判断された場合のみ、受講いただくようお願いしております。
担当者からの無理な勧誘は一切行っておりません。