佐怒賀康輔

自己理解コーチ

営業と旅行業を経て、25歳の時に独立。

 

両職ともに営業成績トップで表彰された経験があったため「おれは天才だ」と完全に調子に乗っていたものの、半年で借金200万円を抱えてどん底に。

 

しかし、その後も「やりたいことで生きていくには?」という問いに向き合い続け

 

・3万円で住めるゲストハウス

・無料のコミュニティスペース

・さつまいも事業

・地元の雑誌創刊

・地元メディア運営

・累計4000名以上参加のマルシェ企画

 

上記を始めとした10以上の業種を立ち上げ、全て黒字化に成功する。

 

また、29歳で地方議員選挙へ出馬し、SNSの力を使い費用4万円で初当選。

現在は議会議員と社長という二足の草鞋を履きながら、常に新しいことに挑戦し続けている。

 

自分のように「やりたいことに挑戦する人を増やしたい」という思いから、起業0→1特化のコンサルサービスを実施し、30名以上のマネタイズに貢献。

現在は自己理解コーチとしても活動し、80名以上の担当をした実績あり。

佐怒賀康輔の
本当にやりたいこと

ポジティブな関わり方で自己理解を提供することで、モチベーションを高め、納得して前進できる人を増やす

誰もがモヤモヤを抱えている

地元で遊ぶように仕事をしている僕のもとには、
若者から年上の方まで様々な方から相談が寄せられます。

キャリア相談や人生相談、人間関係についての悩みなど…
年齢や立場、環境の違いはあれど、誰もが皆モヤモヤを抱えているということが伺えます。

魅力的な人たちが、その個性を活かせずに悩み苦しんでいる現状。
モヤモヤの正体が不明瞭で、前に進みたいのに方角が分からず足踏みしている状態。

それに対して「こうしたらいいよ」「ああしたらいいよ」とその場限りの返事をしたところで
結局また同じようなモヤモヤに囚われてしまい根本の解決にはなりませんでした・・・。

「どうしてこんなに魅力的な人たちが苦しい思いをしなきゃいけないのだろう?」

そんなことをずっと考えていました。

自己理解は自分らしく生きる上での「必修科目」

そんな折、書籍「世界一やさしいやりたいことの見つけ方」に出会いました。

「自分には自己理解なんて必要ない」と考えていましたが、体系立った自己理解メソッドを目の当たりにして「これはやってみたいな」と思わされました。
そしてノートを片手に自己理解に向き合い、自分でも気付かなかった自分について深く知ることとなります。

それから本書を(勝手に)勧める機会が増え、実際におすすめした人からは「モヤモヤの正体がはっきりした」「やりたいことが見えた気がする」と好評の声をいただくようになりました。
悩んでいる人に対してのアンサーとして自己理解が効果的であることを実感し、「自己理解はモヤモヤに悩む全ての人が通るべき道だ!」と確信しました。

そして「自分も自己理解を広める側になりたい」との思いから、現在は自己理解コーチとして活動しています。
同じビジョンを持つ仲間たちと研鑽し合い、改めて自己理解の楽しさを感じる日々を送っています。

僕自身、自己理解プログラムを通して確固たるビジョンと自信を手に入れることが出来ました。
今後は今以上にクライアントの自己肯定感を高めていけるコーチを目指しています。

自己肯定感を高めるコーチングならお任せください!

ぼくはこれまで、たくさんの挑戦をしてきました。

そのたびに危機的な状況もたくさん経験し、笑えないような大失敗もたくさん重ねてきました。

この経験から醸成された考え方の一つに【なんとかなる】というものがあります。
要するに、ぼくはものすごくポジティブなのです。

そしてポジティブやネガティブといった「感情」は、人に伝染します!
(心理学の世界では【情動感染】と呼ばれています)

ぼくはポジティブな感情を伝染させることで、クライアントのモチベーションを維持する関わり方が得意です!

ノースカリフォルニア大学の心理学者、バーバラ・フレデリクソン教授によると、ポジティブな感情を持っていれば思考や行動が積極的になって、より成功しやすくなり、成功すれば、喜びや達成感といったポジティブな感情が増し、次の成功に向けた行動への意欲にもつながるそうです。

実際にこれまでにサポートした方からは、

「お話するのがとても楽しくて、ついついたくさん話しちゃいました」
「すごく興味を持ってくれるので嬉しかったです」
「肯定的で力強いフィードバックをもらえたのが力になりました」

といった、ありがたい声をいただいています。

「自分に自信がなくてネガティブ思考になりがち」という方とは相性が良いです。
自己肯定感を高めるコーチングならお任せください!

走り出す前に「自己理解」しませんか?

ぼくは自己理解を「自分の進む道を決める作業」だと考えています。

とにかく前へ前へという気持ちが先行するあまり、なんとなく決めた道をとりあえずで走り出してしまう。

その結果「やっぱりこの道じゃなかった」と、またスタートラインに戻ってくる。

これを繰り返す人があまりにも多いなと感じています。

慌てて走り出すのではなく、まずは自分が進むべき道を決めましょう。そして、自分のタイミングで「よーいドン」でスタートをすれば大丈夫です。

周りより早いとか、遅いとか、効率が良いとか、そんなことは気にしなくてOK。

自分の向かいたいゴールへと続く道を選んで、コツコツ進んでいけば、あなたの人生はきっと思い描いていたように進みます。

まずは勢いよく走り出す前に、スタートラインで「どの道がいいかな」を一緒に考えてみませんか?

担当した修了生の声

その他のメンバー

  • 鎌田薫

    自己理解コーチ

    世界中どこにいても、自分らしく自信を持って生きる

  • 金岡祐介

    自己理解コーチ

    「自分らしさ」を認めて歩む人生を

  • 平岡悠

    自己理解コーチ

    自信をもって自己実現に向けた第一歩を

そろそろやりたいこと探しから
解放されませんか?

よくある質問

以下の2つが基準です。

  1. プログラムで定められている、10STEPそれぞれの合格基準を達成すること
  2. お客様自身が導き出された「やりたいこと」に納得感を持っていること

ありません。いかなる理由でも返金させていただきます。
受講開始から30日以内に担当コーチにお申し出ください。

いいえ。
プログラムが必要だと判断された場合のみ、受講いただくようお願いしております。
担当者からの無理な勧誘は一切行っておりません。